聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トライセンド号の快挙?でしょうか?

去る2月20日の午後、2011年GⅠの開幕告げる『フェブラリーS』(東京競馬場 GⅠ ダート1600m)が行なわれました。
「エスポワールシチー号」と「スマートファルコン号」が回避したために、小粒なメンバーとかGⅢハンデ戦だろうとの揶揄を受けましたが、とんでもありません。ただのオープンレースです。

一番人気が3.5倍という到底GⅠとは思えない数値をたたき出していますが、それもそのハズ。上位人気が軒並み致命的な欠陥を抱えているからです。
「トライセンド号」はコースと距離が合わないと言われ、「セイクリムズン号」は距離が長いと言われ、「フリオーソ号」は中央で走らないと言われていれば、ファンも迷うというものです。さらに天気が雨予報から一転したこともあって予想は難解を極めました。とにかく恒例のレース回顧からいってみましょう。



う~ん予想に反して、順当に決まってしまいましたね。
正直、スタートさえまともに決まれば「トライセンド号」の優位は動かないと思っていたので、鞍上の藤田騎手は会心の騎乗をしたと思います。道中も自分のペースで競馬が出来たので、優勝という最高の結果が付いてきたということでしょう。
特に文句をつける必要はないかと思われますが、気に入らないのは走破時計です。
今回の『フェブラリーS』は1分36秒4という時計でしたが、このレースには2年前に「サクセスブロッケン号」が記録した1分34秒6というレコードがあります。当日の馬場状態によっても変わることなので色々と調べてみたところレコードを記録した時は稍重(やや重)でしたが、昨年は良馬場で1分34秒9の勝ち時計でした。
同じ日に行なわれたその他のレースは毎年、同じような時計で決まっている事を考えれば今年の時計が遅かったのは明らかです。
しかし、それを許したのは他の15頭の責任であって「トライセンド号」に責任はありません。でも、ラップタイムを見るとラスト1ハロンで完全に足が上ってしまっているみたいです。コレは「どうしてもハナをきりたい」と頑張った結果だと思いますが、逆に考えると交わされたらお終いという弱点を相変わらず抱えたままだという事でしょう。もし、自分より遥かに早いタイムで走る「エスポワールシチー号」や「スマートファルコン号」と一緒に走る時は・・・?

今回のレースを制したのは「トライセンド号」ですが、一番の利益を得たのは「フリオーソ号」です。
逃げ・先行脚質のこの馬が今回見せたのは追い込みです。今までは4角で追いつかれたらお終いだった同馬ですが、今回の追い込みが使えるとなると一皮向けた印象です。昨年秋から本格化の傾向を見せていた同馬ですが、今年も楽しませてもらえそうです。

過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。