聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


色々と遺恨が残る結果になってしまいました・・・

予想されていた雨もどこかに行ってしまったようで、2010年秋のGⅠシリーズの第1弾『スプリンターズS』(GⅠ 中山競馬場 芝1200m)は良馬場というコンディションで開催されました。
レース後のゴタゴタは後で触れるとして、今回は珍しく好メンバーが揃い予想する我々を悩ませました。香港からの刺客が2頭、夏の短距離女王、昨年の1・2着馬、連勝中の春のキング、トライアルを好走してきた上がり馬達とその他大勢のロートル達で構成されていて、締め切りの10分前まで悩みに悩みました。
先ずはレースの映像を見てからですね。



「ウルトラファンタジー号」のスピードが違いすぎました。スタートしてすぐに3角を迎えるというコースの特殊性もあるのですが、好スタートを切った日本の馬達が簡単に置いていかれてしまいました。3角で手綱を緩めると(逃げれない=惨敗)で有名な「ローレルゲレイロ号」が先頭を奪いますが、コーナーワークであっという間に奪い返されてしまいました。4角をまわった時には2馬身のリードを奪っていて、最後の急坂を何とか乗り越えましたがさすがに最後は脚が上がってしまった為、後続に詰め寄られましたがそのまま押し切ってゴ~~~ルイン!!
香港馬としては「サイレントウィットネス号」以来の優勝となりました。
確かに強かったです。心配されていた馬体重もちゃんと戻してきて、初めての競馬場にも関わらず逃げ切ってしまうのですから大変素晴らしいことです。今後は地元の『香港スプリント』を目指すと言っていましたので、今回とは逆に香港で日本の馬達の挑戦を受けるという事になると思うので、日本勢は今回の雪辱を晴らす事を期待します。

その為には、今回の敗因をしっかりと分析しなければなりません。それでは反省会のスタートです!!

1 「ローレルゲレイロ号」と「ビービーガルダン号」
昨年『1cm差』の好勝負を演じて今回も期待されていた2頭でしたが、2頭とも随分ズブさが出てきているみたいで、昨年のような競馬ができない事は明白でした。それに加えて「ビービーガルダン号」外枠に入れなかった事、逆に「ローレルゲレイロ号」内枠に入れなかった事が痛かったです。次走はその辺に注意して購入してください。

2 「ワンカラット号」
一応、掲示板は確保したようですが・・・実際は中団で全く動けないままレースを終えたといったほうがいいでしょう。野芝が全く駄目な訳ではないと思いますが、夏競馬の良績は「洋芝」と「夏競馬=牝馬」に助けられたと思ったほうがいいでしょう。
「今回まともに競馬をしていないので、次走は・・・」と考えている方もいるかと思いますが、それは止めたほうが賢明です。夏の疲れが出てくるので、このまま走っても惨敗すると思います。多分、休養に入って『阪神カップ』辺りから再始動か『高松宮記念』ローテーションでしょうね、分かりませんけど(笑)

3 「ジェイケイセラヴィ号」
よく頑張ったほうではないでしょうか?本格化はまだ先だと思いますのでそれまで経験値を積めばいい感じに育ってくれるのでは?と期待しています。個人的にはダート戦線に参加してもらうと面白そうな気がするのですが・・・どうでしょう?陣営の皆様。

さて、今回の最大の問題でもある「ダッシャーゴーゴー号」と「サンカルロ号」です。僕の予想としては「2・3着がいいところ」だったので、予想としてはドンピシャ!!でした。「ダッシャーゴーゴー号」『セントウルS』の勢いそのままの競馬でしたし、「サンカルロ号」は自慢の末脚にかけた競馬をしました。何事もなくそのまま確定すればよかったのですが結局、2着入線の「ダッシャーゴーゴー号」4着に降着、4着だった「サンカルロ号」は繰り上がり3着という結果になってしまいました。(パトロールビデオは「追記」の方に置いておきますので各自確認して下さい。)

個人的な見解を言わせてもらえば「降着するほどの妨害にはみえない」のですが・・・?仮に降着になるほどの進路妨害があったら「サンカルロ号」程度の強さでは4着入線すら不可能なので、今回は厳重注意で済んだのではないでしょうか?
一般的に「追い込み馬」というのは『進路が塞がれた』ということが多々起こります。しかし「スペースが無かった」という言い訳は競馬ファンに対する冒涜です。たまたま出遅れて展開的にそうなってしまったのなら仕方ありませんが、その馬の脚質が「追い込み」ならば進路を塞がれないように乗るべきで、それが出来ないという騎手は己の技量の無さを反省すべきです。
「前が詰まるのはイヤだから外を回す」という選択肢が用意されているわけで、それがイヤなら無理にでも好位を確保しにいけばいいのです。スペースは前を行く馬達の挙動によって作り出されるものです。決して「追い込み馬」のための空けているわけではないことを肝に銘じて、騎手は我々競馬ファンが納得できる騎乗をして欲しいです。

それにしてもJRAの降着の基準は全く分かりません。各競馬場に裁定委員がいるのですから、審議が合った場合は「ウィナーズサークル」に出てきて、プロ野球や大相撲みたいに責任者が審議の内容を説明するべきだと思います。それだけでも風当たりが大分変わると思うのですが・・・?
あっ、当然のようの「缶」・「瓶」・「ペットボトル」・「新聞」等々が飛んできますが、それも仕事のうちなので「特別手当」で対応してください。
間違っても警備員を動員して「犯人逮捕」などしてはいけませんよ、「お客様は神様」ですから(笑)


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

様々なところで議論が交わされる原因になっているパトロールビデオ。
何度見ても大したことが無いように見えるのだが・・・??


スポンサーサイト

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。