聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地方競馬クライシス!?(「サクセスブロッケン号」の暴走を検証するの巻)

ダート競馬の祭典『帝王賞』(GⅠ 大井競馬場 ダート2000m)が先週行なわれました。夏のダートキング決定戦だけあって、近年記憶にないほどの好メンバーに恵まれました。馬券を買うほうからしたら困難家予想を強いられるのですが、観戦するほうとしては最高のメンバーといえるでしょう。現役最強馬「エスポワールシチー号」が出走しなかった事が悔やまれますが、適正距離を考えれば仕方のないことでしょう。今秋に予定されているアメリカ遠征を頑張って欲しいです。『帝王賞』の結果については各自ご確認いただければよろしいかと思いますが、今回の地方競馬クライシス!?では不甲斐ない結果に終わった中央馬の敗因を検証していきたいと思います。

それでも先ずはレースからご覧下さい。



JRAの誇る最強メンバーを擁しても、最高位が「カネヒキリ号」の2位というのでは地方勢に惨敗と言われても仕方のないことです。しかし、1年以上も休養していたことを考えれば、この馬の底力には驚かされます。足元が心配されますが「エスポワールシチー号」が出走しないのならば、秋はこの馬を追いかけても面白いかもしれません。
さて、問題は残りのメンツです。その中でも善戦した部類とそうでもない部類に分けることが出来そうなので、先ずは善戦した部類からです。

善戦したのは「アドマイヤスバル号」「マコトスパルビエロ号」の2頭です。どちらも1、2枚実力的に落ちる印象でしたが、好走と言えるでしょう。実を言うと最後の最後まで「アドマイヤスバル号」の複勝につぎ込む勢いだったのですが断念しました。パドックで多少うるさかったのが気になってしまいました。しかし、買っていたら泣いていたか、誰かを殴りに大井競馬場に向かっていた事でしょう(笑)
「マコトスパルビエロ号」は実力どおりの着順だと思いますが「セレン号」にまで遅れを取ったのはいただけないですね。まぁ馬場の問題もありますし、鞍上も調子が悪いですから仕方がなかったのかも知れませんね。今後に期待です。
「アドマイヤスバル号」「マコトスパルビエロ号」の次走は『ブリーダーズGC』辺りかな?出て来たら雪辱を晴らして欲しいです。

さて、今回の本題「そうでもない部類」の馬達の反省会です。
最初は「スマートファルコン号」
長らく「GⅡ」「GⅢ」でサル山の大将を気取っていたのですが、出走するたびに59キロを背負わされるのにも飽きたのか満を持して「GⅠ」に戻ってきました。
レース自体はスタートも道中もいい感じに見えたのですが、4角直前から手応えがおかしくなってきて直線では下がる一方でした、それでも何とか7着を確保しました。前売りで1番人気に押される程の期待があったのですが、同じ父親の「エスポワールシチー号」が回避した事を考えればこの結果にも納得です。それにしても父ゴールドアリュール号は絶対的なスピードと二の足を与えてくれますが、距離の壁もしっかりと与えてくれるみたいです。格下との戦いだと2000mぐらいまでは何とかなると思いますが、一線級になると難しそうです。今後ですが『クラスターC』『サマーチャンピオン』から『南部杯』といった感じで良いのではないでしょうか?
次は「ヴァーミリアン号」
実績は文句なしなのですが、高齢&鞍上弱化ではこの辺が限界だったのかも知れません。その実績を買われての2番人気でしたが・・・。しかし、本当にパドックでは良く見えたんです。「これは頭もありえるか?」と思ってしまうほどに良く見えました。
ここで開いたのが僕の「記憶の扉」です。この「ヴァーミリアン号」は武(豊)騎手でないと走らない上に、いつもパドックでは最高に良く見えます。この2点が頭の中で繰り返し僕に警告を与えます。結果から見ると助かった訳ですが、信頼の鞍上が復活してそうな『東京大章典』では注意が必要かもしれません。それまで負け続けて人気を落としている可能性があるので、軽視してしまってはレース後に泣きを見ます。覚えておいて下さい。

さ~て、今回の問題児「サクセスブロッケン号」です。よしきた!!徹底的に叩くぞ!!!
この駄馬は8着というとんでもない結果も導いてくれました。一体どうしたらこんな結果になるかをちゃんと検証しておかなければ、次走が大変です。それでは吊し上げタイムの始まりです。
まず、今回のレースは「サクセスブロッケン号」にとって有利な条件でした。大井競馬場は3戦して2勝3着1回と得意にしています。さらにその全てが2000mとコース経験・ナイター経験もバッチリです。つまり同馬にとって最も力を発揮できる舞台だった訳です。しかも鞍上が今年のダービー騎手と来れば負ける理由が先ずありません。
それなのに「何でハナを切るのかな??内田君」と全国のファンが馬券を握り締めてこう思ったことでしょう。かかったのか作戦だったのかは分かりませんが、アレはないでしょう。素直に番手を進んでいれば3着は十分に考えられたと思いますが、仮想「エスポワールシチー号」でもやっていたのでしょうか?本当に分かりません。
かかるのを制御出来ないとなれば自分の技量不足を露呈したことになり、作戦だとすればただの馬鹿という事になります。どちらを選ぶかは内田君に任せるとして、問題はこの馬の買い方です。

マイルだと「忙しく」、2000m以上だとスローペースに我慢が出来ないとなれば買えるレースが思い当たりません。一体この馬の適距離は何処なのでしょうか?成績から考察すると1600~2000m辺りなのですが、この辺のレースでも勝てないどころか掲示板され確保できないのですから。一体どうすれば・・・?
しかし、この馬の最大の欠点はこれではありません。この馬の最大の欠点は好不調の波が激しいという点です。大型馬なので調整が難しいのは良くわかりますが、これだけの馬で連勝が期待できないとなる競馬ファンは悩みます。「復活を信じて買っても来ない。今回は要らないと思ったら、あっさり勝ってしまう」ではどうしようもありませんね。ただ、馬がまだまだ子供なのかもしれませんので、もう少し精神的な成長を期待しましょう。
今回は調教師も「調子が戻る途中」と言っていたのですが、春最後のレースで「調子が戻る途中」とは一体何を考えているのやら・・・?普通はココに標準を合わせるのが普通の調教方法なのですが・・・「ハッ、もしかしてクソ重い斤量を背負いながらのドサ周りを計画しているのでは!?」と、無理に考えてみましたがどう考えてもありえません。海外遠征は論外だし、本当に何処を目指しているのか分かりません。ただ、今回優勝した「フリオーソ号」も5歳時は迷走していましたのでここを乗り切れば最強馬に変身できる可能性は残っています。さぁ頑張るのだ「サクセスブロッケン号」よ!!「エスポワールシチー号」が距離の壁を突破してしまったら、逆立ちしても勝てないのでそれまでに覚醒するのだ!!


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。