聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


都市伝説(中古車の秘密、改め新車の怪 編)

どもっ、ゴールデンノイズです。
最近は活きのいい都市伝説が少なくなってきてネタに困っていたのですが、連日報道されていた「トヨタのプリウス問題」に加えて、昨日の「工場での期間工の硫化水素自殺」事件を眺めていたら、面白い話を思いついたので早速ブログを更新する事にしました。とは言え、昔からある歓談話をリメイクしたような話で、要は「ハイブリット」ということでしょうかね(笑)
でも、その前に多少の寄り道を!!昔から有名な話でこういうのがあります。

国道△△号線(または、■■街道沿い)の一軒の中古車屋に一台の中古車が売られていた。その車は普通ではありえないような値札が付いており、どう考えてもありえない価格だった。大学生のA君は免許を取得したばかりで、一番車に乗りたい時期でしたが、一人暮らしの自分にはローンや維持費を考えると新車は勿論、中古車だってなかなか難しいのはわかっていました。
それなのに自分が欲しかった車がありえない値段で売っているのを見かけて、A君は悩みました。
「これ位だった、大学の学生ローンを使えば何とかなりそうだ!それにバイトをもう少し頑張れば維持費だって!」
A君は早速、中古車屋で車を見せてもらう事にしました。
実際に車をみてみると、年式の割りに走行距離だって全然いってないし外装・内装ともに問題はありません。試乗をさせてもらいましたが、走りも快調です。
ただ、1点。値段の事が気になっていました。友人も「安い車には、安いなりの理由があるんだから気をつけろ!」と言っていたので、思い切って聞くことにしました。すると店員は意外にもあっさり教えてくれました。
「実は前の使用者が車の中で薬品をこぼしてしまいまして、その匂いがどうしても取れないので・・・」
言われてみれば、僅かに変なにおいがします。しかし、それほど気になる事でも無かったのでA君はその場で契約する事を決めました。
何とか親も説得して学生ローンの方もクリアして、いよいよ待ちに待った納車の日がやってきました。

届いたその日は友人を誘っての深夜のドライブに行ったのを皮切りに、通学に買い物と便利になった生活を楽しんでいました。ところが、彼女とデートに行った時に最初の異変が起こりました。彼女に言われてはじめて気が付いたのですが、シートに長い髪の毛が付いていたのです。彼女には「他の誰かを乗せたんじゃないの?」と詰られるし、友人には「女遊びもいい加減にしておけよ」とからかわれる始末です。
しかし、A君には全く身に覚えがありませんでした。「きっと、中古車屋がいい加減な掃除をしたためだろう」と思い忘れることにしましたが、その日を境にちょくちょくシートに長い髪の毛が付いているのが目に付くようになりました。あまりにも頻繁に目にするようになったため、気味が悪くなりなるべくその車は使わないようにしていました。
そんなある日、どうしても遠出をしなければならない事になり、久しぶりに車を使う事になりました。久しぶりに開けらた車内からは、例のなんとも鼻に付く匂いが漂いました。「換気をしなかったからだ」と思い、時間が差し迫っていたために急いでエンジンをスタートさせました。
市街地を抜けて、郊外を車は順調に走ります。道が峠道に差し掛かった時に、異変が。バックミラーに何かが時々映り込むのに気づいたのです。ミラーの端っこの方で何かが動いているのです。しかし、車を停めて確かめる訳にもいかないので、慎重に車を運転し続けました。あと少しで峠を下りきるというその時です。バックミラーにちらちら移っていた何者かが姿を現したのです。それは髪の長い女性の姿でした。しかし、長い髪が邪魔をして顔までは良く見えません。
道は峠を下りきって、真っ直ぐな直線に変わっていました。そこでA君は思い切って後ろを振り返りました・・・しかし、後部座席には誰もいません。「見間違いだったかな?」と前を向きなおしたところ、A君は悲鳴を上げてしまいました。フロントガラスには額をぱっくりと割り、顔面を血まみれにした女性がへばりつくようにこちらを覗いていたのです。
幸い対向車も後続車もいなかったので事故には至りませんでしたが、A君はすぐに、その車を買った中古車屋に売り払いました。店員は何も言わないで、車を引き取ってくれました。

後日、A君はインターネットの掲示板である噂を目にしました。
「国道△△号線沿いのとある中古車屋で売られている車がある。その車は驚くような安い値段で売られているのですぐに売れてしまうのだが、何故か数ヶ月には戻ってきてしまうのだ。実はその車には女性の霊が取り付いているために所有者がすぐに手放してしまうという。その車は過去に・・・」

今でもその中古車屋でその車は買い手を待ち続けている。

簡単に言えば「事故を起こしたドライバーの幽霊がその車に取り付く」という話です。まずこのことを覚えておいて下さい。
さて、次の話です。


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif
スポンサーサイト

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。