聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


都市伝説(鏡編)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
今回は「鏡」についての都市伝説を紹介します。

「鏡」にまつわる話で1番有名なものは「むらさきの鏡」でしょう。
この「むらさきの鏡」という話は
「1度この言葉を聞いててしまうと、20歳の誕生日までに忘れないといけない」という話です。つまり、10代専用の「都市伝説」です。
もし、20歳の誕生日までに忘れられないでいると、夜中に「鏡の中」から「女の人」が現れて、殺されるとか、鏡の中に連れて行かれて「行方不明」になるとか言われています。
この「魔法の言葉」は、20歳を越えた人には効かないので、安心してください。
最初は、「むらさきの鏡」という言葉が「一人歩き」していたのですが、後からこんな話が「元ネタ」として広まりました。

時代や場所は不明ですが、一人の少女の身に起こった悲劇の話です。
その少女は、近所でも評判の「美人」でした。少女は、家にある「むらさき色の大きな鏡」で、自分の姿を見るのが大変お気に入りでした。
しかし、その少女は20歳の誕生日を迎える前日に亡くなってしまいました。
それ以来、その少女の怨念(?)のせいか、「むらさきの鏡」という言葉を、20歳まで忘れないでいると、死んでしまう。

これが「元ネタ」らしいのですが、あまりにも「ツッコミ」所が満載なので、あまり信用は出来ません。
第一、呪いを受ける所以が全くわかりません。こんな事で呪われるのならば、日本全国で「呪殺」が横行して、死亡原因の1位の躍り出るはずですよね。
気を取り直して、次の話にいってみましょう。

次に紹介するのが「合わせ鏡」です。
これは『夜中に、「合わせ鏡(自分を挟んで、前後に鏡を置く事)」を行なうと、未来の自分や結婚相手、死んだ時の顔等が見れる』というものです。
これは皆さんやった事があるのではないのでしょうか?
実は、僕もやった事があります。聞いた話では、
『午前0時丁度に行なうと、4番目に「5年後の顔」、9番目に「10年後の顔」、13番目に「死んだ時の顔」が見える』という話でしたが、4・9番目の顔は、いつもと変わらず「マヌケな顔」が、13番目の顔は、小さすぎて「判別不能」でした。

「ガリレオ」の湯川先生的に言えば、反射を繰り返す事による像の歪みと、目の錯覚なんでしょうけどね。でも、昔から「合わせ鏡をやってはいけない、魂が抜けるから」なんて言われてますし、「不吉な事」が起こるのは間違いないみたいです。
僕の実験は失敗でしたが・・・(鏡が小さかったのが、原因と思われます)
話は変わりますが、「水鏡」という言葉をご存知でしょうか?
水面が、光を反射することにより、鏡のように姿を映し出す現象の事です。
そんな「水鏡」に関するお話を1つ、

夜中に、口に剃刀を咥えたまま、水を張った洗面器を覗くと、結婚相手が見える―――これを「水鏡占い」と言います。
ある女子高生が試したところ、話と違って何も見えませんでした。何度か試してみましたが、やっぱり何も見えませんでした。諦めかけた時、誤って剃刀を水面に落としてしまいました。
剃刀が水面に落ちた時、一瞬水が「真っ赤」に染まったように見えました。電気をつけて見ましたが、異変はなく、洗面器の底に剃刀沈んでいるだけだったので、「気のせい」だと思って、忘れる事にしました。
それから十数年後、彼女は商社に就職して素敵な恋人も出来ました。しかし、その恋人はいつも「大きなマスク」をしていました。
彼女は思い切って、彼に尋ねてみることにしました。
「なんで、いつもマスクをしているの?取ってよ!」
すると彼はマスクを外しました。そこには・・・頬に大きな傷跡のある、彼の素顔がありました。まるで鋭利な刃物で傷つけられたような・・・
彼女はさらに尋ねました。
「その傷どうしたの?」すると、彼は答えました。
「おまえにやられたんだよ!!」

これはある本に載っていた話ですが、見事な「オチ」まで用意されていて、話としては良く出来ています。
でも、僕が聞いたことのある話は、男女の役割が逆になっています。どちらが「元ネタ」かはわかりませんが、こんな話です。

男は目覚めると、いつものように顔を洗った後、髭を剃っていました。ふと、水の張られた洗面器を見ると、見知らぬ女性が映っていました。ビックリした男は、手に持っていた剃刀を落としてしました。剃刀が水面に落ちると、「ギャッ!!」という声と共に水面が赤く染まりました。
それは一瞬の出来事で、男が再び水面を見つめると何事も無かったの様に、剃刀は透明な水の中に沈んでいました。
⇒後は前述の話と同じで、出会い・質問・「おまえに・・・」となります。

この話で、最も不思議な事は「落とした刃物が、どうやって相手を傷つけたのか?」という点です。
100歩譲って、水面に「結婚相手」が映ったとしましょう。でも、その後刃物が「テレポーテーションして、相手の顔を傷つけた」とでも言うんでしょうか?いくらなんでもそれは・・・・
ここで立場を変えて、被害者目線で考えて見ましょう。
突然、目の前に「刃物」が現れて自分を傷つける訳です。世間ではこれを「ポルターガイスト」などと言います。でも、これでは「加害者」がわかりません。もしかして、「生霊」になって襲いに来たのでしょうか、刃物を持って?
う~ん、この説もなんだかイマイチですね。では、「水鏡占いを同時にやっていた」はどうでしょう?
これなら水面を介して、お互いの空間が繋がっていた(かなり電波)としても、おかしくありませんが、これで確認できるのは「結婚相手」ではなく、同じ占いを行なっている「同志」となるハズで、話がおかしくなってしまいますね。
所詮、「都市伝説」なので、深く考えても答えは無いわけなんですが・・・(笑)
だだ、1つ予言をしておきます。近い将来、こんな話が流れるかも知れません。

ある日、突然目の前に「刃物」が現れ、切りつけられます。その後、マスクをつけての生活の果てに出会う犯人。それは運命の相手です。彼女(彼)に素顔を見せた後、こう言います。
「お前にやられたんだよ」

あんまり本気にはしないで下さい。だってここは「都市伝説」を紹介する所ですから(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

合わせ鏡というと他には悪魔の通り道の話も有りますよね。
【2008/01/31 07:11】 URL | yuanshang #nmxoCd6A[ 編集]

西洋では、悪魔を封じ込める為の「儀式」だったという説もあります。
なので、不用意に「合わせ鏡」を行なうと、封印が解かれて・・・なんて話もありますよ。
【2008/02/01 10:33】 URL | ゴールデン・ノイズ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。