FC2ブログ
聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奇跡のGⅠ8勝、JRA新記録です「ヴァーミリアン号」!!でも・・・

去る文化の日に、非・文化的な行事かもしれない地方競馬の祭典が執り行われました。
肝心なレースは『JBCスプリント』(JpnⅠ 名古屋競馬場 ダート1400m)『JBCクラシック』(JpnⅠ 名古屋競馬場 ダート1900m)の2つのみで、アメリカの『BC』のようにはなかなかいきません。まぁ1日にGⅠが6つも7つもあったら、それこそ財布がパンクしてしまいますが(笑)

かねてからこのブログで宣伝していたように、史上最低の面子になってしまった感がなくも無いのですが、それでも『JBC』『JBC』です。出走メンバーで何とか考えなければなりません。
それでは気を取り直して、『JBCスプリント』から振り返りましょう!!

もともと面子が大したこと無いのに加えて、「フェラーリピサ号」がハ行の為出走取り消し。そのせいで「スーニ号」に人気が集中してしまった・・・大体、前日オッズで1.0倍ってどういうこと??
仕方が無いので相手探しを頑張ることにします。
相手は『JBCクラシック』から逃げてきた「アドマイヤスバル号」に、ダート初挑戦の「ビービーガルダン号」辺りが皆さんの対抗候補というところでしょう。さらに地方勢では「ノースダンデー号」と大井番長の「フジノウェーブ号」に、元JRAの「マサアンビション号」といったところだと思いますが、さすがに掲示板が精一杯といったところでしょう。
で、僕が何を買ったかというと、散々迷った挙句、「リミットレスビッド号」の複勝につぎ込みました。
理由は2つ、『かきつばた記念』で3着だったことと「ビービーガルダン号」が全然ダメだったら面白い、とのよくわからない根拠からです。それでは肝心のレースです。



スタートで後手を踏んだ「ビービーガルダン号」を見て、小さくガッツポーズをしたのはきっと全国でも少数派でしょう。
レース自体は特に面白みもなく、1着「スーニ号」・2着「アドマイヤスバル号」・3着「リミットレスビッド号」で期待の「ビービーガルダン号」は・・・では、勝った「スーニ号」についてですが、前にこのブログでも取り上げたように現時点では『短距離』の方がいいみたいですね。それにしても3角で手綱を扱いていた時は一体どうなるものかと心配しました。もしコレで負けようものなら、名古屋のファンにボコボコにされていたと思いますよ。あそこは「係員が競走馬を蹴る」という日本一暴力的な競馬場ですからね(笑)

それでは満を持して、歴史が塗り替えられた『JBCクラシック』です。
地方の雄達はエントリーさえしないで、名実共にJRAによるJRAのための『JBC』になってしまいました。
ダート界のキングこと「ヴァーミリアン号」を倒すために集まった面子は「メイショウトウコン号」・「ブルーコンコルド号」・「マコトスパルビエロ号」・「ワンダースピード号」というトホホな面子であることは前にも言ったとおりですが、その中でも「メイショウトウコン号」「ブルーコンコルド号」は能力的にその責務は重すぎます。と、いうことで残った3頭での優勝争いになってしまいました。
それではレースです。


*見にくいかも知れませんが、余りいい動画がなかったもので・・・

・・・なんていうか、実力が違いすぎますね「ヴァーミリアン号」と他の馬では。スタートして好位につけるとあとは「馬なり状態」。他の馬が「ヴァーミリアン号」を倒そうと色々仕掛けますが、我関せずの姿勢を貫きます。そのまま2週目の4角を迎えても「持ったまま」で先頭に並びかけます。直線に向いてからやっと仕掛け始めますが、懸命に追うというものではなく「コレぐらいで何とかなるだろう?」という程度の追い方です。しかし、ここでこのレース唯一の見所が!!
前を行く「マコトスパルビエロ号」「ワンダースピード号」がなかなか交わせません。どうやら思ったより粘っているようです。ここで、鞍上の武豊に焦りが!!「このままでは負ける!!」と思ったようで、ここから懸命に追い始めます(笑)
「だったら最初から全力出しておけ!!」というものです。まぁしかし、この心変わりが功を奏したのでしょう、なんとか先頭でゴール板を駆け抜けることが出来ました。

この瞬間、JRAの歴史が書き換えられました。今まで「シンボリルドルフ号」をはじめ、「テイエムオペラオー号」・「カネヒキリ号」・「ブルーコンコルド号」、そしてあの「ディープインパクト号」ですら超えることが出来なかった『GⅠ8勝』という壁を飛び越えた瞬間でした。
これで歴代NO,1の「GⅠ勝利数」を誇るという事になりますが、まぁ・・・なんというか・・・それでも歴代NO,1ホースは「ディープインパクト号」で変わらないでしょう。それはJRAが「ダート?ハァ?そんなのGⅠには数えねぇんだよ」という姿勢のためです。
その姿勢をよく表しているのが、今回のレースで引退を決めた「ブルーコンコルド号」が種牡馬ではなく乗馬として余生を過ごすことになったということ。一応、ダートGⅠ7勝の実力馬なのですがこの扱いです。(馬齢とフサイチコンコルドという人気の無い血統を考えれば当然なのかも知れませんが・・・)

今更、文句を言っても仕方が無いんですがね(笑)


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif
スポンサーサイト

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。