聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【抱かれたい道場 第2話】掲載中の『ヤングチャンピオン 烈』が発売中!!

抱かれたい 告知その2


いつも「聖☆オーラル学園 給水塔」をはじめ、聖☆オーラル学園グループをご覧いただき有難う御座います。

また今月も第3火曜日がやってまいりました。中川ホメオパシー先生の【抱かれたい道場】が掲載中の『ヤングチャンピオン 烈』の発売日でございます。
今回の作品も先生曰く、「楽しみにしておいてくれ」との事なので、皆様にも楽しんで頂けると思います。
先月、見つけた販売店に今すぐDASHデス。

なお、先生は「ファンレター欲しい」とうわ言のように申しておりました(笑)どうか先生に愛のあるお手紙をお願いします。

いつものように詳細と先生のコメントは「聖☆オーラル学園 体育用具室」にてご覧いただけますので、そちらにも足をお運び下さい。

聖☆オーラル学園 給水塔管理人 ゴールデン・ノイズ




スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:本・雑誌


夏休みの都市伝説研究所(ペンフレンドにまつわる噂)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
本日のニュースで「臓器移植法改正後 初の脳死判定」とか言うのがやっていましたね。本人の意思が不明確なので両親による意思確認やらが行なわれたみたいですが、今後の動向に注目したいところですね。
倫理的観点や宗教的観点、医学的観点など沢山の切り取り方が存在しているので、全てを納得させる意見など見つかりそうも無いので個人的見解は述べませんが、都市伝説愛好家としての意見を言わせていただくのなら「他人の臓器を体内に入れることによって、今までに無かったような都市伝説が生まれる原因となる事故や事件が起こらないことを期待します」といったところでしょうかね?少しオカルティックな話にはなりますが「本人の意思に反して移植された臓器が悪さをしないとは限らない」と思うのですが、その結果はもう少し待たないといけないみたいです。

さて、世俗的な話はココまで!ココからはいつものゴールデン・ノイズに戻ります。今回は文明の発展によって姿を消してしまった怪談話・・・というか不思議な話を紹介しますが、僕も記憶があやふやなので読みにくい文章になってしまう事をあらかじめ謝罪しておきます。

現代は携帯メールが当たり前になり、何時でも誰とでも繋がっていられる世の中で、何処かのCMのように「繋がっていなかった世界ってどんなのですか?」と質問される事もおかしくない昨今です。
その「繋がっていない世界」において、他人同士を繋ぐ役割を担っていたのが「手紙」です。今なら「出会い系」といって簡単に他人と知り合いになれるのですが、昔は「文通」(ペンフレンド)という手段で他人と知り合いになっていました。当然、誰でも言い訳ではなく「同じ趣味の人」とか「同じアイドルが好きな人」とか「同じ漫画を好きな人」と言ったようにミクシィで言うところの同じコミュニティの中での話ではあるのですが、当時の雑誌には必ずと言っていいほど文通相手を募集するページがありました。そんな不自由な時代の話です・・・

とある雑誌の編集部に就職したAさんは、読者ページの中の「文通広場」というページを担当する事になりました。まだ編集者として実力が無いので、一番手軽に出来る仕事ではあったのですが仕事自体は非常に単調なものでした。送られてくる葉書の文面を原稿に起こせば仕事は完了、あとはこの雑誌を見た人が勝手に手紙をやり取りするだけ。慣れてくれば2~3日で終わるような仕事だったのですが、たまに苦情の手紙がやってくるのでその処理のほうが大変な作業だと気づくにはそう時間は要りませんでした。
大抵の場合、葉書を出した人が住所を間違っていたり、原稿にする段階での誤植で手紙が届かないといった苦情が多いのですが、中には相手に騙されて高額な買い物をさせられたという編集部では対応できないものもあって、そんなときは警察に頼まなければなりませんでした。
ある日、Aさんの元に大量の苦情の手紙が届きました。文面はどれも「急に返事が来なくなった」というものでしたが、Aさんにはピンと来るものがありました。この作業に慣れ始めた事、先輩の一人からこんな話を聞ていたのです。
「文通相手を募集する葉書の中に『サクラ』が混ざっていることがある。暇な男が女性のふりをして男性を集めで2~3ヶ月したら急に連絡を止める。何が面白いのか分からないが、世の中にはそういうヤツがいる」という話です。Aさんは今回もそれに引っかかった人たちが騒いでいるだけなんだと思って、いつも通りのお詫びの手紙を書いて送りその事は忘れてしまいました。
それから半年後、Aさんも元に1通の手紙が届きました。内容は「文通していた相手からの連絡が突然無くなって困っている。相手の住所に行って確認してもらえないか?」というものです。答えは分かっています、しかしこの時Aさんは「サクラの正体を突き止めたい」という気持ちになり、編集長に許可を貰ってその住所を訪ねてみることにしました。
手紙にかかれてた住所はごく普通の学生街のアパートのものでした。手紙の住所を頼りに尋ねるとあるアパートにたどり着きました。郵便受けを覗くとそこには沢山の手紙が入ったままでした。近所でこの部屋の住人の事を聞くと「数ヶ月前から病気で入院してしている」「毎日、女性が郵便物を取りに来る」といった話が聞けたのでAさんまアパートの前で待ってみることにしました。
数時間後、一人の女性が現れ郵便物を持っていこうとするのでAさんは呼びとめ、話を聞きました。自分の身分を明かし事情を聞いてみると、その女性は文通相手のお姉さんでした。その女性の話では「数ヶ月前から妹は入院していて、手紙を受け取れないので代わりにやってきている」というのです。さらに「もう返事は書けないので、その旨を伝えて欲しい」と言われました。
Aさんは編集部に戻ると早速、聞いたとおりに手紙を書きました。数日後、謝礼の手紙がAさんに届きました。
「これでこの件は終了」とAさんはいつもの仕事に戻っていきました。

数ヵ月後、またAさんの元に苦情の葉書が舞い込みました。いつものように処理をしようと思って、雑誌のページをめくり「サクラ」を特定しようとした時、見覚えのある名前が目に留まりました。慌てて苦情の葉書を確認するとその名前と同姓同名、さらに住所まで一致しています。
「退院してからまた募集を始めたのか?」と思いましたが、確かあの時姉と名乗る女性から「もう返事は書けない」と聞いていたことを思い出し、その女性が入院している病院に向かいました。受付でその女性の名前を言うと数日前に亡くなったとの事。しかも、亡くなる数ヶ月は意識が無い状態だったというのです。何がなんだか分からない状態で、彼女が住んでいたアパートを訪ねるとそこには別の住人が住んでいました。どうやらAさんが最初にこのアパートを訪ねたすぐ後に契約を打ち切ったみたいで、数ヶ月前から住んでいるとの話でした。
帰り際に現在の住人は「毎月何通か間違った手紙が届いて困る」と言いましたが、Aさんはその原因を話すことは出来ませんでした。
その後、別の編集部に異動したので例の手紙のことはすっかり忘れてしまいましたが、ある日編集長から「文通広場」を廃止するという話を聞きました。表向きの理由は「文通をする人が減ったから」というものでしたが、Aさんは知っていました。本当の理由は「例の女性の募集がどうしても載ってしまう」というものでした。原稿の段階では載せていないのに、雑誌が出来上がると何故かその女性の葉書が載ってしまってるのです。どんなに削除しても無駄なので、いっその事そのページ自体を無くす方向にしたそうです。


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


やっちまったゼ☆

人の頭を被った象こと、ゴールデン・ノイズです。
いやいや、ついにやってしまいました。ずっと我慢していたのにこの10数年の間・・・ついに我慢できなくなって買ったしまいました、「ガネーシャ」像を!!

ずっと欲しかったんですが、部屋のインテリアに合わない事と全ての像を揃えたくなる性格なので購入を見送っていたのですが・・・えっ「ガネーシャ」ってなんだって?ご存じ無いのですか?・・・仕方ありません、掻い摘んで説明しましょう。

ヒンドゥー教の神の一柱です。3最高神の1人『シヴァ』と『パールヴァティー』の長男になります。障害神として活躍しましたが、改心して善神になった後は、あらゆる障害を打ち砕く事から商業の神様として信仰を集めています。また学問の神としても有名で、物事の始めにはこの神に祈るといいという。

説明は以上ですが、興味があれば検索してみて下さい。
いつものように近所のショッピングモールに散歩がてら「アロマキャンドルの燭台」を購入しようとアジア雑貨の店を物色しに向かいました。
燭台を眺めていると、左やや後方から何者かの視線が!!左に120度ほど振り向くとそこに鎮座していたのが「ガネーシャ像」!!

ガネーシャ


目が合うやいなや『恋』に落ちましたね(笑)まさに一目惚れってヤツです。値段を見ると信じられないような安い値段が付いています。通常、こういうものはいい値段がするのが当たり前で10cmほどの像だったら¥8,000~は堅いです。それが野口さん数枚という激安値で売られているというのですから、心が動きました。

個人的な信条として、こういうオカルティックなアイテムは「欲しいから買うのではなく、必要な特に目の前に現れる」と思っているので、出会ったときが買い時です。今まで何度と無くこの店には来ていたのに、目に入ったのは今回が初めて!!これはまさに「ガネーシャが僕を呼んだ」ということにして即購入!!
現在、自宅で安置できる場所を探していますが、とりあえずの避難場所としてキッチンに仮設住居を構築して鎮座してもらっています。
今後の計画として、

1、3最高神像をそろえる
2、親子をそろえる(「シヴァ」・「パールヴァティー」・「スカンダ(韋駄天)」)
3、「ガネーシャ像」を沢山揃える

が考えられますが、余り自宅の雰囲気がカオスにならない方向で考えたいと思います。これから像をクロスで磨いて汚れを落とす作業に入ります。それが終わったら・・・やっぱり『マントラ』も覚えなければいけませんかね(笑)

過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。