聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「エスポワールシチー号」の完勝です。文句の付けようがありません

まず最初に更新が遅れてしまった事をお詫びします。
日曜日に仕事をしていたので当然レースも見ず、火曜日まで残務処理に追われ、水曜は個人的な雑用と『エンプレス杯』に忙殺され、更新しようと思い立ったのが本日、木曜日ということです。

それでは、僕は初見になりますがレースを振り返ってみましょう!!



う~ん『強い』という言葉以外に言葉が見当たりません。「道中は楽々2番手を追走して、直線に向くと馬なりのまま先頭に立ち、そのまま押し切る」という横綱相撲を完璧にやってのけました。ほぼ完成に近づいていますね。1600・1800mでは無敵といっても決して言い過ぎでは無いですね。

『JCダート』の時も言いましたが、逃げ馬にあのような競馬をされると他の馬はまず勝てません。3着の「サクセスブロッケン号」「エスポワールシチー号」を負かしにいっての結果ですが、ハイペースに多少のイレ込み、それに加えて鞍上の不安を考えれば健闘したほうでしょう。次走がどうなるのかわかりませんが、『かしわ記念』or『帝王賞』のどちらかになるとおももいます。しかし、『かしわ記念』のほうは今回と同じような理由で割引きが必要なのかもしれません。
2着の「テスタマッタ号」は大健闘ですね。最後の直線での脚は凄かったですが、これはハイペースの結果、先行馬の脚色が鈍ったところに突っ込んできた感じもあります。例えるのなら、『JCダート』の時の「シルクメビウス号」「ゴールデンチケット号」でしょうか?
余り信用すると痛い目に遭いそうで、次走は相手関係とよく相談してからの購入をお勧めします。

さて、今回の『フェブラリーS』(GⅠ 東京競馬場 ダート1600m)ですが、芝馬の出走が目立ちました。「路線変更」に「試走」、そして「気分転換」(笑)の意味合いもあったかと思いますが、結果的にダート界の層の厚さを通関する事になったと思います。今回の連中は重賞優勝経験馬にGⅠ馬とそれなりのメンバー構成だったので、ハンデや別定のレースには出るに出られない事情がありました。なので、このレースに集中したのは致し方ないことなのですが、本来なら出走できていた馬達には残念な事になりましたね。

これで日本ダート界を制覇(?)した事になる「エスポワールシチー号」ですが、ダート最強馬の称号にはまだまだと言わざるを得ません。本来、ダート馬の頂点に君臨するには『2000m』での勝利が必要です。『帝王賞』『東京大章典』、この2つを制覇してこそ「ダート最強馬の称号」が手に入るというもの!!しかし、陣営は意図的に1600mにこだわって来ました。馬の力を見極めた上での判断でそれに間違いは無いのですが、これからは避ける事が難しいのもまた事実。
ドバイ遠征の話も聞こえて来ますが、今年は(『かしわ記念』)~『帝王賞』~(『南部杯』)~『JCダート』~『東京大章典』のローテーションを期待します!!


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

スポンサーサイト

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


「ラッシュストリート号」の完勝!!でも本当にそうなのか?何かが間違っていないか?

遅い!!遅すぎるのです!!勿論、このブログの更新速度もそうですが、『佐賀記念』(JpnⅢ 佐賀競馬場 ダート2000m)の走破タイムが遅すぎるのです!!!
とりあえず『佐賀記念』は置いておいて、このブログの更新速度が遅い件について。
なんだろうね、岡田ジャパンがパッとしないのをいいことに飲んだくれていたり、仕事が忙し過ぎるのでイマイチ、テンションが上がらなかったり、言い訳ばかり考えていたら『川崎記念』を軽くすっ飛ばしている事に気が付いたバレンタイン前日・・・というところですかね(笑)
でも、まだまだ仕事が終わらないんだよ!!一体何時になったら・・・orz。
しかし、明日(2月14日)になったら、宿敵「韓国戦」があるから、また飲んだくれてしまうのは目に見えているので本日の更新に相成りました。
さぁ反省はここまで!!問題は先の『佐賀記念』です。
いくら地方だからって「2分7秒5」はかかりすぎでしょう!!確かに雨が降っていました。馬場も不良でした。小回りなのでスピードが乗らないのもわかっています・・・が、遅すぎるでしょう!!!
例えば昨年も出た「ロールオブザダイス号」の今年のタイムが「2分7秒7」で、昨年のタイムが・・・アレッ??(「オイオイ、これ本当かよ?」・・・「間違っていない?」「本当に?」)えぇ~~~~と、昨年よりは随分と速いタイムで走っていました。「ロールオブザダイス号」は昨年「2分8秒1」(良馬場)で走っていたので、馬場を考えれば頑張った方かも(笑)
しかし、昨年優勝した「スマートファルコン号」の走破タイムが「2分7秒4」だったことを考えれば、全体的には遅いです。
因みに、昨年の同距離で行なわれた地方交流重賞レースでは『帝王賞』で「2分3秒6」、『JDD』で「2分4秒5」、『マーキュリーC』で「2分4秒0」、『ブリーダーズGC』で「2分2秒2」、『浦和記念』で「2分7秒1」、『東京大章典』で「2分5秒9」でした。コースやメンバーによって違いはありますが、どうも「小回り」+「寒い時期」というのがタイムを増加させるキーワードになっているみたいです。
ぶっちゃけ、一流馬はお休みになっているか、他のレースに集中しているという事情もあるかと思われます。

感情に囚われずにレースを振り返ると、武(豊)騎手の騎乗の上手さが目立ちましたね。内枠に入った「ラッシュストリート号」が果敢にハナを奪うと、その後はのらりくらりとスローペースに持ち込みます。JRAの中では一番各下に見られていたので、後ろの2頭は全くのノーマーク。あとは2週目の3角で軽く突き放し、4角で追いつかせて、残り180mもの長い(?)直線で再度突き放すという「逃げ馬のお手本」のような騎乗をされてしまいました。
同じような脚質の「フサイチピージェイ号」は仕方ないにしても、差し馬で最後の直線の追い込みに自信を持っている「ロールオブザダイス号」の体たらくはいただけません。
2週目の向う正面でペースが遅いので鞍上の岩田騎手が仕掛けにいったのですが、肝心の「ロールオブザダイス号」動く気配なし!!さらに3~4角の中間地点では前の2頭に置いていかれるという状態で、全くの良い所がありません。最後はなんとか3着を確保しましたが、下手したら「カラテチョップ号」騎手諸共叩き割られるトコロでした(笑)
陣営の計画では『フェブラリーS』は難しそうだから、ここ(佐賀記念)で賞金でも加算するか(笑)」と皮算用をしていたと思いますが、ご愁傷様でした。
素直に『マーチS』からの『かしわ記念』でも良かった気がしますが、角居先生、僕の計画はいかがでしょうか?






カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。