聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『有馬記念』の前に『名古屋グランプリ』と『兵庫ゴールドトロフィー』を振り返る

ハロー!!エヴリワン。この聖なる夜にこんなブログにアクセスするなんて、一体どうしたんだい?
まぁ更新しているミーもミーだけどな(笑)
割り切ってしまえば1/365日なんだから、そんなに気負う事も無いわけですよ。
さぁ今夜も時勢とは全く関係の無い話を展開するぜ!!今日のお話は『名古屋グランプリ』『兵庫ゴールドトロフィー』だよ。

まずは『名古屋グランプリ』(JpnⅡ 名古屋競馬場 ダート2500m)の話・・・なんだけど、結果は「上位5番人気がそのまま1~5着になってしまった」という解説も何も無い結果にしまいました。
それもそのはずで、地方から参戦したメンバーがあまりにも酷すぎる。例年だったら、それなりのメンバーが出てくるんだけど、特に南関東勢!!一体どうしたんだ?そんなに出走したくないのか?
「どうせ出走しても勝てないから・・・orz」と言いたい気持ちはわかるけど、それでも地方競馬を盛り上げるために頑張って欲しいわけです。でも、「マコトスパルビエロ号」「ワンダースピード号」がいれば当然の反応でしょうね(涙)
競馬ファンからすれば予想が簡単になるというメリットもあるので、悪い事ばかりでは無いのですが、ここで一言言いたい。
『「マイネルアワグラス号」の複勝に突っ込んだヤツ出て来い!!!!』
馬連や三連複、そして三連単が「マコトスパルビエロ号」「ワンダースピード号」絡みで売れるのは当然のことで、わかりきっていたことです。なので、ちょっとひねって「マイネルアワグラス号」の複勝を狙ってみたのです。僕が馬券を購入した時は「1.5~2.7倍」のオッズだったので「万が一、どちらかが飛んだら面白いかも(笑)」と結果を楽しみにしていたのですが・・・払い戻しは「110円」
思わず「なんじゃソレ??」と叫びそうになりました。高齢化が進む地方競馬ファンの中では『「複勝」は女・子供が買う馬券』との考え方が主流で、僕みたいな「精神衛生上、最良の買い方」をする競馬ファンは少ないハズなのですが、何処かの誰かさんが数万~十数万単位で突っ込んだのでしょう。その結果、払い戻しが「0.4倍」も下がってこのような結果になってしまいました。
これから地方競馬を始められる方にご注意を申し上げておきます。JRAと同じ感覚で複勝及び単勝馬券にお金を突っ込むと、オッズが激減いたしますので、お気をつけ下さい。

気を取り直して翌日に行なわれた『兵庫ゴールドトロフィー』(JpnⅢ 園田競馬場 ダート1400m)です。
こちらもJRA勢の賞金稼ぎになってしまいそうなメンバー構成でした。地方の一番手「ノースダンデー号」は手堅く前日の『オーバルスプリント』(浦和競馬場)で賞金を上積みするという、堅実な方法を選択したみたいで出走せず。南関東専用ザクの「フジノウェーブ号」では勝負にならない時点で、地方勢の敗戦が確定しました。本当にお疲れ様でした。
残る作業は「JRAの中での順位付け」だけという事になります。
昨年から制度変更でハンデ戦になったので、一番有利なのは54キロの「ラヴェリータ号」という事になります。その他は横一線で、トップハンデの「ヴァンクルタテヤマ号」がちょっと見込まれた(実力以上のハンデキャップを背負わされる事。 対義語:「恵まれた」)というところです。
しかし、競馬の神様は「ラヴェリータ号」に試練を与えました。パドックから多少のイレ込みが見られたので、多少心配していたところ、案の定返し馬でも鞍上の手綱は短く引っ張り気味で行なっていました。
「ヤバいかなぁ??」と迷いましたが、輪乗りの段階に来て落ち着きを取り戻したみたいだったので、安心しました・・・が、スタートしてすぐにソレは起こりました。
ゲートから出た「ラヴェリータ号」が真横に飛んだのです!!まさに一瞬の出来事で3番ゲートから出たはずなのに、いつの間にか最内にいるのです。この為、大きく出遅れてしまった「ラヴェリータ号」は後方からの競馬となり、道中も鞍上との呼吸が全く合わないまま、4角を迎えます。
前のほうでは、馬体重+11キロが応えた「ヴァンクルタテヤマ号」が苦しむ所を「トーセンブライト号」が楽々交わして行きました。必死で追い上げた「ラヴェリータ号」は何とか3着を確保しましたが、勝てるレースを逃したと言わざるを得ません。
来月の『TCK女王杯』か2月の『エンプレス杯』までには、建て直しを期待します!!

最後は来週の『東京大章典』についてです。色々といいたい事はあるのですが・・・「オイ、南関!! 出走頭数が4頭ってどういうこと??」
JRAが6頭、他地区が4頭で合計14頭立てって・・・(涙)もう少しやる気を見せてくれよ。いつもやり過ぎなぐらい登録する「川島(正)厩舎」も今回は「フリオーソ号」だけだし、頭数が集まらないものだから『名古屋グランプリ』で殿負けの「ヘキレキ号」(高知所属)がまた出てくるし、一体どうなっているの?TCKさんよ!!
さっきも言いましたけど「99%勝てなくても残りの1%に期待して、何とか出走して下さい」


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

スポンサーサイト

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


いい加減に「ノストラダムス」から離れてみないかい?

ふぅ~随分と久しぶりに更新しているので、なんだかペースが掴めない。
そもそも、こんなに更新が遅れたのは、年末の忙しさと予想外の仕事、年賀状作成に伊藤(仮)から進められた『Call of Duty』の動画が面白すぎて、ついつい見まくっていたらこんなに間が空いてしまいました。
それに加えて「アサシンクリード2」の動画も面白すぎる!!まぁ箱○がないのでプレイはでき無いのですが(笑)

まぁリハビリを兼ねて今夜、『緊急警告!2012年人類滅亡!? ノストラダムス最後の大予言SP』っていう番組(年末恒例の人類滅亡モノ)がやっているので、それを見ながらぼやいてみます。

さて、「ノストラダムス大先生」は『20世紀最後の詐欺師』の称号を満場一致で獲得した段階で、役目を終えたと思ったのですが、また新しい本が見つかったらしいですね。
・・・ふ~ん、今度は「絵」ですかぁ?まぁ確かにそのような事が書かれているのかもしれませんが、さすがに今回は無理があるのでは無いでしょうか?詐欺師・・・失礼、ノストラダムス大先生が四行詩で予言をしていて、それが未来の出来事を予言していると「1999年」に盛んに宣伝していたのは有名ですが、それが間違っていた(かも知れない)となると、今度は「絵の中に予言がある」と言われてもねぇ・・・そうそう簡単には信じる事が出来ませんよね(笑)
「いまさら感」で一杯なのですが、何故また取り上げる必要があるのかというと「マヤ」が関わってきます。

ちょっと前に公開された映画「2012」でも取り上げられた「マヤ文明のカレンダーの謎」。
僕的には常識なのですが、知らない人が多いみたいで「新しい予言」として受け入れられた事にビックリします。昨今は女子中学・高校生のなりたい職業の上位に「キャバ嬢」がくるご時世。ならば、こんな荒唐無稽な話は知らなくても致し方ありません。
「マヤの人類滅亡の予言」については、わざわざ映画を見に行かなくてもこのブログ内の『地球滅亡・・・かも!?』をご覧いただければ、さわりは理解できますよ。もっと詳しく知りたい人はこんなTVより『月間 ムー』をお読み下さい。最初は解読不能だと思いますが、そのうち慣れてきますよ(笑)
おっ今度は「アステカ文明」か?・・・なんだ、スルーかい(笑)そして、今度は「NASA」の話。ということは「太陽フレア」≒「磁気嵐」だな、よしよし!

この話は実際にあっても不思議では無い話なので、心配と言えば心配なのですが、大昔から何度も何度も母なる地球は「太陽フレア」の影響を受け続けているのに人類が滅亡していない事を考えると、案外大丈夫なのかもしれませんよ(笑)
「磁気嵐」は確かに実際に被害が出ているので、戯言には出来無いのですが・・・「ミツバチ」??確かに大問題ですが、「ミツバチ」って磁場で行動してましたっけ??僕が習ったのは「太陽を目印にしてダンスを踊る」ということでしたが、学説は変わったのですね。勉強をしなければ・・・。
そして、「電磁波」の話の流れで米軍が密かに開発している「HAARP」の話に・・・アレ?今度は「黒点」の話か・・・でも、この話を始めると今問題になっている「地球温暖化」が嘘臭くなるのだけど、大丈夫ですか?

またまた話が変わるのかい?忙しいねぇ・・・ツングース?小惑星の衝突ね。でも、コレは「小惑星説」に「原発説」、そして「UFO説」と様々あるけど、今回は「小惑星説」でいくのですね。
現在、この地球上には様々な隕石や小惑星が降り注いでいます。そのほとんどは衝突前に砕け散ったり、大気との摩擦で燃え尽きてしまいます。実際に衝突するのは極僅か。「アルマゲドン」や「ディープインパクト」のような事が起こるのかは不明ですが、世界の警察こと「アメリカ」に任せましょう。きっと、余っている核ミサイルで打ち落としてくれますよ。

今度は地震。うん、地震と言えば先週末の伊豆沖の地震です。きっとTVでは地震の予兆として、「変な雲が現れた」とか「小動物が逃げ出した」とか言うのだと思いますが、それより確実な予兆があったのです!!
最初の震度5強が観測される数日前、富山の方で「リュウグウノツカイ」が捕獲されたとのニュースが気づかれないようにな流れました。
この「リュウグウノツカイ」は昔から「地震が起こる前に姿を現す魚」として有名(?)です。岩手内陸地震の前にも捕獲されたとかされなかったとか言われていますが、「こういうことがあるんだなぁ」と再認識しなくてはいけませんね。先人の知恵というのは馬鹿には出来ません。
でも、地震とか火山の噴火は人類がどんなに頑張っても、防げないものの代表格です。いくら忠告を受けようと、エコに気をつけようと地球が機嫌を損ねたらどうしようもありません。座して死を待ちましょう(笑)


どうやら、このまま終わりを迎えそうなので、このぼやきもそろそろ終了に向かいます。
まぁ何ですかねぇ、やたら「映画」と結び付けたがる傾向が見受けられましたが、大規模な火山の噴火が起こると地球が寒冷化(現在より-10℃)するということは、現在の温暖化はそれを回避する唯一の手段という事になりませんか?そう考えれば「エコ」という概念は、地球を滅亡に導くという事になりますよね。つまり、人類は間違った道を辿ろうとしているという事になります。
イカーーーーーーーン!!さぁ今すぐ「エコ」なんてことは止めて、じゃんじゃん二酸化炭素を放出しましょう。いづれ訪れる「地球寒冷化」に備えて、地球を暖めましょう!!(笑)








・・・って事が、この2時間のまとめになるけど、本当にコレで大丈夫?


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


ダート界も世代交代の時期が来ました

圧勝・圧巻の優勝でした。

『JCダート』(GⅠ 阪神競馬場 ダート1800m)は4歳馬の「エスポワールシチー号」の世代交代を印象付けるような圧勝劇で幕を閉じました。
本命と公言していたので「一安心」といったところですが、本当に強かったですね。一応、一番人気ではありましたが「4歳馬の勝率がよくない」とか「阪神のダート1800mは内枠が不利」などと言われていました。
しかし、終わってみればそんな事は全くの杞憂に終わりました。まぁ、とにかくレースです。ご覧下さい。



本当に強い勝ち方です。スタートは少し出負けをしたみたいですが、持ち前のスピードで難なく先頭に踊り出ます。1角では内枠の利を生かしてロスなく回りました。2角を迎える頃には淡々としたペースに落として、セーフティリードを築きました。
向う正面で「マコトスパルビエロ号」に詰め寄られますが、特に慌てた様子もなく4角を回ったときには再度差を付ける勢いでした。後は懸命に迫る後続を尻目に突き放す一方の展開で、最後は後ろを振り返る余裕がありました。
『南部杯』のレース内容から「優勝争いは間違い無い」と思っていましたが、これほどまでの差が着くものかとビックリしました。
ゴールドアリュール号も偉大なダート馬でしたが、この「エスポワールシチー号」は完全に父親の能力を受け継いでいるといっても過言では無いでしょう。脚質も父親そっくりで「逃げるスピード」「直線での二の足」を備えています。今後はこの馬がダート界を牽引していくと思うので、余程のことが無い限り中心視していいかと思います。
今後のローテーションは『東京大章典』~(『川崎記念』)~『フェブラリーS』~『ドバイ』だと思いますので、今年のボーナスが少なかった人はチャンスかもしれません(笑)

さて、2着の「シルクメビウス号」と3着の「ゴールデンチケット号」ですが、そこまで実力があるとは思ってい無いのですが、今回は展開面で恵まれたところもあったかと・・・?
先行した馬達がどんどん下がっていくところを、後方で待機していた分伸びたのでしょう。
4着の「サクセスブロッケン号」ですが・・・コレは距離が長いですね、完全に。現段階ではマイル以下がいいと思いますが、前回も言いましたが「使う度に良くなっていくタイプ」だと思うので、今回の結果で見限ると危険な感じもします。まぁ人気がなくなるのは歓迎しますがね(笑)

(注:ここからは管理人の愚痴がかなりの割合で混入されています)


ハァ~~~失敗したしました...本命は間違っていなかったのですが、相手を間違えました。「ゴールデンチケット号」は前回も言ったように『怪しい』と疑っていたのと、今年の阪神ダート1800mの成績を見ると『5枠』が3着になる率が異様に高かったので3連複のヒモには買っていたのですが、「シルクメビウス号」はローテーションが気にくわなかったので外してしまいました。
「シルクメビウス号」を軽視した事に後悔は無いのですが、馬券の買い方を間違えたことは悔やみます。
3.1倍の「エスポワールシチー号」の単勝という手もあるし、1着ー3着のワイド(24.3倍)という選択肢もあったはずなのに3連複にこだわってしまいました。結局、欲に負けたということでしょうね(笑)
せめて『有馬記念』では同じ失敗をしないようにしたいと思います。


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


『JCダート』はどうしましょう??

『浦和記念』(JpnⅢ 浦和競馬場 ダート2000m)で受けた衝撃があまりにも大きすぎて、未だにショック状態から抜け出せていないゴールデン・ノイズですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
『マイルCS』「カンパニー号」が、続く『JC』「ウオッカ号」が快勝したのも、どことなく「上の空」で眺めていました。
しかし、今週は『JCダート』(GⅠ 阪神競馬場 ダート 1800m)!!ここは、砂に魂を売り渡した僕としては、一矢報いたいところです。

本日、枠順が決まったみたいなので有力馬を中心に評価をしていきましょう。コレは皆さんの予想の参考というより、僕自身の現時点での考え方を記録したいだけです。余り真に受けすぎると大変な事態になりかねません。ご注意下さい!!

『ベルモントS』を勝った有力馬「サマーバード号」が骨折のために出走取り消しになったので、テンションは下がり気味です。もう1頭は・・・よくわかりませんが次点扱いです。
基本的には日本馬が中心で良いと思いますので、順次考えてみます。
まず、日本の総大将「ヴァーミリアン号」
『フェブラリーS』で限界を露呈したかのように思えましたが、『帝王賞』・『JBCクラシック』を連勝して調子はよさそうです。しかし「ライバルが出走しなかった」という幸運に恵まれた事もまた事実。衰えてきたとはいえ、その力は日本のトップクラスを維持しているので、そうそう邪険には扱えません。頭に固定するのは難しそうですが、軸やヒモとしては押さえが必要です。

その『フェブラリーS』の勝ち馬「サクセスブロッケン号」ですが、完全に迷走状態です。『南部杯』は仕方が無いとしても『武蔵野S』の大敗はいただけないですね。展開や斤量というより「馬に走る気が感じられない」と言ったほうがいいかも知れない感じに見受けられます。ただ、馬が「走る気」を取り戻せば実力的に無視は出来ませんので、当日の気配次第・・・というより素人には判断が難しいです。

「マコトスパルビエロ号」は近走がとてもいい感じです。特に前走では「ヴァーミリアン号」と接戦を演じました。3歳時から注目されていたのですが、成績にムラがあり安定感がありませんでした。しかし、ダート馬の旬を迎えつつある5歳秋になって「実が入ってきた」状態です。位置取りと展開次第ではいい勝負になりそうですね。

ワンダー軍団の2頭なら「ワンダースピード号」の方を上位に取りたいですね。コンスタントに走る馬だという事と「ワンダーアキュート号」の方は騎手の乗り代わりが・・・正直、痛かったです。そのまま安勝が乗っていればよかったのですが、和田竜二に乗り代わりだと・・・正直、強力な同型馬もいるので評価を下げざるを得ません。

「スーニ号」は今の段階では短い距離のほうが適してますし、「ボンネビルレコード号」は南関東限定ザクですし、「メイショウトウコン号」は建て直し途中と言った感じです。
「ゴールデンチケット号」にルメール騎手が乗るので、穴馬の匂いがするのですが前走で『浦和記念』を惨敗した「エーシンモアオバー号」に負けているようではまだまだでしょう。

さて、僕の本命馬「エスポワールシチー号」ですが、前走の『南部杯』はまさに快勝でした。休み明けであのレース運びですから、文句はありません。JBCを回避した事が引っかかるのですが、いい感じに調整していたのならそれも杞憂でしょう。枠も最内なので、逃げるこの馬にとっては文句の無い所です。
基本的にはこの馬を軸に考えていますが、明日からの新聞の情報でコロコロ変わりそうな気がします(笑)


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif



テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。