聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地方競馬クライシス!?(日本テレビ盃編 ~Road to JBC~)

秋の深まりと共に始まる「地方競馬 秋の陣」
11月上旬に行われる「JBC」に向けて、様々なステップレースが開催されていきます。今回のレースはその中の1つ『日本テレビ盃』(JpnⅡ 船橋競馬場 ダート1800m)です。
例年だったら、トップクラスがある程度競い合うレースになって、それなりに見応えのあるレースになるのですが、今年は如何せんメンバー的に地味な感じです。

中央&地方の大将格が全く出走しないとなると、テンションは下がり気味です。登録の時点ではそれなりのメンバーだったのですが、先週末のJRAで行われた『エルムS』と『ニエフS』に目ぼしいメンバーが出走してしまったのもあるのですが、寂しいものになってしまいました。

まぁ愚痴はここまでにして、肝心のレースです。
先に書いたように大したメンバーはいませんが、それでも「フェラーリピサ号」・「マコトスパルビエロ号」・「ボンネビルレコード号」が出走してきて、三つ巴の様相です。
実力的にも伯仲しているようなメンバーなので、オッズの方も大した差はついていません。
正直、迷いましたね。今回は・・・どの馬が勝ってもおかしくない現状で三連複のオッズは2倍前後をさまようばかりで、旨味も何もありません。
「でも、この3頭で決まりだったら、それを買えばいいんじゃねぇ?」
そう、そうなのですが、イマイチ信用が置けないというのもまた事実。有り金をつぎ込んだら、どれか1頭が・・・なんてことはしょっちゅうです。でも、他に突っ込んで来そうな馬はどれ?と聞かれても「思いつかない・・・orz」という状態です。

とりあえず、適当に買った馬券をポケットにねじ込み、レースが始まりました。

まずハナを叩いたのは「フサイチギガダイヤ号」。あの房一の会長が高い金を出して買った駄馬(笑)です。中央で大した成績が残せなかったので地方に売られるというお決まりのパターンに従って、南関東を主戦場に移した経緯があります。
その「フサイチギガダイヤ号」が逃げていては、中央馬にとっては遅い流れ。向こう正面で「フェラーリピサ号」が我慢できなくなって、さっさと交わし先頭に立ちます。
それが合図になったように「マコトスパルビエロ号」「ボンネビルレコード号」が徐々に進出し始めます。
4角を迎える頃には「フェラーリピサ号」が先頭で、その後に「マコトスパルビエロ号」。少し離れたところに「ボンネビルレコード号」といった隊形です。
ここで「フェラーリピサ号」が早めに仕掛けます。4角をまくり気味に上がって行き後続を離しにかかります。「マコトスパルビエロ号」「ボンネビルレコード号」が懸命に追いかけますが、残り1ハロンをきっても2~3馬身の差があり「これは逃げ切ったかな??」と思ったのですが、残り100mから突然のスピードダウン(競馬用語で「タレる」といいます。例:最後の最後にタレやがった)
そこを逃さずに「マコトスパルビエロ号」が鮮やかに差しきってゴ~~~ルイン!!
結局、2着に「フェラーリピサ号」、3着に「ボンネビルレコード号」というように決まって、予想通りの結果でした。

ひねりも何も無い結果なのですが、この結果には「距離の壁」というものが如実に現れていて、競馬初心者にとっては非常にわかりやすい教科書的なレースでした。
近走、1400mや1600mをメインにしていた為に最後の最後で踏ん張りが利かなかった「フェラーリピサ号」、極端な距離延長&短縮時には気をつけなければいけないポイントです。
逆に距離が少し短かったのが「ボンネビルレコード号」。あと200、いや100mあればまとめて交わしていたと思われるレースでした。まぁ・・・多少の道中の脚が鈍かったのでダメだったのかもしれませんが(笑)
この距離でも力は発揮できるのでしょうけど、100%の力が発揮できるのは2000m付近ということでしょう。
他の2頭に比べて、この距離に最もハマッたのが「マコトスパルビエロ号」
1800mを超える距離を中心に使われている強みが生きたレースでした。今回は目標となる馬がいたのでこういうレース展開になったのですが、前走のように自分から動いていく事も出来る馬なので、今後に期待したいところですが1流クラスに入ると見劣りがするのは仕方の無いことですね。

とりあえずこれで、スタートを切った「Road to JBC」。来週以降も様々なプログラムが用意されているので、今後とも目が離せそうにありませんね。
来週末には『スプリンターズS』で、JRAの方でも秋のGⅠ戦線が開幕します。
食欲の秋・読書の秋・運動の秋そして、競馬の秋を満喫しましょう!!


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル


修学旅行の夜のネタ話集(お札の貼ってある部屋 編)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
アメリカで女子大学院生が地下にある研究室の『壁の中』から死体で発見されたニュースを聞いて「馬鹿な!ポーの小説か?」と思ってしまいましたが、ただの殺人事件のご様子で一安心。
「事実は小説より奇なり」とは言いますが、小説の話をなぞるような事件が実際に起こると少しビックリします。
まぁそんな話は置いておいて、来月・再来月あたりは修学旅行がピークを迎える季節です。旅館に泊まって、その夜に盛り上がることと言えば、異性の部屋に遊びに行く事と好きな人の話と怪談話です。
異性の部屋参りと好きな人の話は僕が出る幕では無いのですが、怪談話については何とか助言ができるかと思いますので、都市伝説を絡められたら絡めて修学旅行でよくする話を話したいと思います。
いつも通り、ネタが無くなったら終了ですが(笑)

さて、修学旅行でよく聞く話としては「部屋にあるお札」に関する話では無いでしょうか?
基本的にはバスガイドさんか先生達によってもたらされるお話です。基本的な話はこんな感じです。

バスガイド曰く「これから皆さんの宿泊される旅館の中には、一部屋だけ特別な部屋があります。部屋に入ったら確認して欲しいのですが、部屋の何処かにお札が張ってある部屋があります。もしお札が見つかったらその部屋が当りになります。何故、その部屋だけにお札が貼られているのかというと、昔その部屋で起こった悲惨な事件が原因なのです。事件については詳しくは言えませんが、その事件の後、その部屋ではおかしな事が立て続けに起こるようになりました。最初は黙っていた旅館側も、泊まる客からの苦情が続いたので、風評被害を恐れてお坊さんに頼んでお払いをしてもらうことになりました。
高名なお坊さんが呼ばれお払いを行ったのですが、そこにいる霊の力のほうが強いらしくて、そのお坊さんでもお払いできなく、お札の力でその霊が騒がないようにするのが精一杯でした。
そのお札の力もあって、暫くは何事も無い日々が続いて旅館側も安心していたのですが、皆がその出来事自体を忘れていたことに、また騒動が起こってしまいました。その後は年に1度だけ、どんなにお払いを重ねても騒動が起こってしまうようになってしまいました。何年か経った後にその旅館の従業員がある事実に気づきました。
幽霊が騒ぐのは決まった日だけで、その日以外は全く騒がないのです。よくよく調べてみると、その幽霊が騒ぐのは、かつて事件があった日でした・・・つまり、命日だったのです。
そして、その命日というのが・・・今日なんです!!
いいですか?もう一度言いますよ。部屋に入ったら、よ~く部屋中お探してください。簡単に見つかるような場所には無いですよ。もし、お札が見つかったらそのお札が剥がれていないか確認してください。剥がれていると・・・とんでもないことが起こりますよ・・・」


みたいな事をバスの中で迫真に迫るような表情で話してくれるでしょう!!バスガイドは若い方が旅行が楽しいのですが、この様な話は少しお年を召された方の方がより真実味が増すというものです。

さて、お待ちかねの真贋鑑定タイムです。
部屋の中に『お札』は張られているという話は、旅館だけに限らず、アパートの部屋でも同じような話が都市伝説のように語られています。だからと言って『嘘』と断言するにはまだ早すぎます。旅館などでは様々な人が利用するので、事件もあるでしょうし、怨念が残っていることもあるかもしれません。
ツアコンさんがやっている怪談系サイトではよくこの様な話が沢山載っていて、枚挙に暇が無いほどなのですが、どの話にも共通しているのが「いわく憑きの部屋は、普通の客には使わせないで、ツアコンやドライバーなどの業界関係者に使わせる」というものです。
つまり、修学旅行では使われることはほぼ無いといっても良いのでは無いのでしょうか?
大抵の場合は、必死で押入れや額縁の裏、掛け軸の裏を探しても見つかりません。そして翌日のバスの中でバスガイドさんが「実はあの話は、作り話で・・・」とネタ晴らしをされる場合がほとんどです。(中には本当にお札が張っていて、要注意の部屋も存在しますので、それに当った場合は般若心経でも唱えて眠ってください)
まぁおとなしく寝させる為の策略なので、最近の中学・高校生だったら通用しない確率のほうが高そうです。

さぁ今までの流れを踏まえて、ここからが本題です。
使えない話をだらだらと解説しているだけでは、能が無いというもの!!
この話の問題点は実際にお札が見つからないので、安心させてしまいという点です。つまり、真贋を確認されなければいいのです。その為にこの様な話を用意しました。

「最近の旅館やホテルは重大な事故があった部屋は、お札を貼っておくということはしないで、部屋自体を改造してしまう方法ととるらしい。そのせいで部屋の作りがおかしい部屋がある場合がある。妙に広かったり、ありえないところにトイレやお風呂があったりする。
修学旅行に使うような旅館は、出来るだけ客を詰め込めるように作りに一切の無駄が無いハズなのに、部屋と部屋の間が不自然に空いてたりすると要注意だ。本来ある部屋を使えないようにしているということは、それなりの理由があるということだ。
同様に部屋の並びにリネン室があったりすると・・・?」


この話のいい所は、実際にこういう旅館やホテルでは増改築や部屋割りの変更が結構な確率で行われるという点です。その原因の殆どが、タバコの不始末とか、水浸しにしてしまったとかいった事です。
しかし、ごく一部には心霊現象が原因で部屋を改装している場合があるので、早々否定は出来ないように仕上げました。
この話をするタイミングは、誰から「お札」の話をした後に他の人に否定をさせておいてからですよ。一通り話が落ち着いてから「あっ!そういえば・・・」という風に始めてください。その前に旅館の作りを確認しておいてくださいね。


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。