聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地方競馬クライシス!?(スパーキングレディーカップ&マーキュリーカップ編)

いや~~さっき間違って書き上げた記事を消してしまったんですよ。
というわけで、この話は僕にとっては2回目、でも皆さんにとっては初めての記事になります。どれだけ思い出せるかどうかわかりませんけど、頑張って再現を試みます。

-----以下、本文-----

北海道にやってきた梅雨見たいな長雨でやる気が出ないのと、転職のことを考えてダブルで凹んでいたら、更新が2週間も止まったままでした。
来月に回すと、ライジングサンに心を奪われて、さらに更新が遅れそうなので今月行われたレースは今月のうちに片付けてしまいましょう!!頑張るぞぅ!!!
(負けても負けても地方競馬を続けているので、ネタだけは尽きません)

さて1つ目は『スパーキングレディーカップ(JpnⅢ)』(川崎競馬場 ダート 1600m)です。
昨年は我らが「ユキチャン号」は出走するとかしないとかで話題になりましたが、今年は『賞金不足』で出走できずに・・・その代わりといっては可愛そうなのですが、今年の『関東オークス』を圧勝した「ラヴェリータ号」が出走という運びになり、話題と人気を集めました。
その他の有力馬は、近走いま一歩の成績が続いている「ヤマトマリオン号」、前走で見事な勝利を挙げた「メイショウバトラー号」、自分の形に持ち込んだら粘り強い「クィーンオブキネマ号」です。後は数合わせの雑魚という括りです。
問題のレースの方は逃げる「クィーンオブキネマ号」を追いかける形になった「ラヴェリータ号」、それを追走する「メイショウバトラー号」といった隊形です。そのまま何の盛り上がりもなく4角を回って最後の直線に!!
何とか逃げ込みを図りムチを入れる「クィーンオブキネマ号」。それを1完歩ずつ追い詰める「ラヴェリータ号」のマッチレースの様相に、そしてラスト50メートルで「ラヴェリータ号」が見事な差し切りでこの激戦を制しました。

このレースは別定戦なので、斤量の差があまり無く若い馬には厳しいのですが、この結果を見る限り斤量ではなく、実力というところでしょう。勿論、鞍上の力も忘れてはなりません。『JCダート』が目標らしいので頑張って欲しいですね(個人的には難しいと思いますが・・・)
3着は前の記事で「恥知らず」という言葉を贈った武豊騎手が手綱を操る「メイショウバトラー号」でしたが、問題は4・5着との差です。
合わせても1馬身しかないのに驚きましたが、この馬の年齢(=馬齢)を考えれば、仕方の無いことかもしれません。よくやっていると褒めるべきですね。
正直「オイオイ、交わされてしまうのか??」とハラハラしながら画面を見つめていました。

そして2つ目は・・・えっ、「ヤマトマリオン号」は??う~~~ん走ってなかったことに・・・出来るわけないですよね。仕方ありません、やりましょう!
結論から言うと「絶不調中の絶不調」です。
昨年時に見れた「先行力」とか「道中の追い上げ」が全く見られません。近走の内枠が悪影響しているのかと思って、今回のレースを見ていたのですが、外に持ち出せるチャンスがあったのにもかかわらず、終始内を進んでいました。
やはり「調子がなかなか上がってこない」という事でしょう。調子が上がってきた時に買うのも良し、追いかけ続けて人気が落ちた時の高配当を狙うのも良しです。

さて本当の2つ目『マーキュリーカップ(JpnⅢ)』(盛岡競馬場 ダート 2000m)ですが、「スマートファルコン号」が出走を決めた時点で勝負は着いたようなものでモチベーションが上がらないのですが、このレースに出走してくる連中は、8月の門別で行われる『ブリーダーズゴールドカップ』に雁首並べて出走してくるので、チェックを欠かすと後で痛い目に遭いそうなので大変です。
当日、自宅にいる時は「スマートファルコン号の頭は固い!!」と思っていたのですが、国民の3割が海やキャンプに出かける「海の日」に、あ・え・て競馬に赴く非国民の僕に『競馬の神様』は疑問を投げかけました。

いざ現地に着くと、得体の知れない不安に押しつぶされてしまい、プライドをかなぐり捨てて「馬連」での勝負です。

結果的に言うとそれがいい方向に働きました、『競馬の神様』ありがとうございました。
優勝したのは「マコトスパルビエロ号」ですが基本的には「連勝」が効かないタイプ。次走は要注意です。
今回、辛うじて2着を確保した「スマートファルコン号」ですが、この原因は「疲れ」でしょう。昨年からほぼ休みなしで走っていましたから当然といえば当然ですね。しっかりと休んで秋に備えて欲しいです。

このレースで一番の問題は3着「サカラート号」
連続してこのようなレースが出来てくれればいいのですが、それが心配で心配で・・・『競馬の神様』!!是非、御啓示を再びお願いします!!


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル


聖母マリアの再来か?処女受胎の是非を問う(雑談その10)

エデンの園より追放されたもう1人の間抜けこと、ゴールデン・ノイズです。

昨日、とんでもないニュースが飛び込んできました。
「ポーランドに住む13歳の少女が妊娠した可能性が高い」というのです。最初は「生物学的に見れば特に問題は無いのでは??」と思ってしまったのですが、詳細を聞いてビックリです。
記事によると、
「少女の妊娠の経過具合から考えると、バカンス旅行の時期と重なるが、少女は旅行中に男性と触れ合った記憶は無いので、ホテルで泳いだプールの水の中に精子が浮遊していて、それが妊娠の原因としてホテルを訴えた」そうなのですが・・・まぁ・・・あのぅ・・・一般的な話ですよ。常識的に考えてその様なことは無いと思いたいのですが、ここは都市伝説を世に広めるためのブログです。
この話が本当だとして考えてみましょう。

体外受精という技術が確立された現代において、性行為のみが妊娠の原因として考えるのは時代遅れです。
十分な環境が整えば、魚のような受精が不可能とは断言できませんが、そのような環境は人工的に作らない限り起こりえるものではありません。
考えられる状況とは「少女の近くで、若くて元気のある男性がプールの中で自慰行為を行って、まだいきている精子が少女の水着の中に入り込み、運良く(悪く?)着床」というケースですが、問題が2つ。
プールの中でバレずに自慰行為に行う事と、少女が非処女だということです。
僕は海水浴場&プールで「排尿行為」はあるのかもしれないと思いますが、さすがに自慰行為は聞いたことがありません。もしやっていたら明らかに「不審者」です。ホテルのボーイが気づかない訳がありません。それとも「見てるだけでイケる性癖」だったのでしょうか??
それに少女が非処女だった場合は、そちらの方が原因として考えられるので提訴はしないと思うので、やはり「処女」だったということでしょうね。
う~~~ん、現実的に考えると難しそうです。ならば、聖書の教えに基づき「処女受胎」という線で考えてみましょう。

掻い摘んで説明すると、「聖母マリアが処女のままキリストを生んだ」という聖書の中の記述から「処女受胎」と言われている現象ですが、何もコレは神のみが起こせ得る現象ではありません。現実の世界でも「処女受胎」という現象は起こっています。僕の記憶だけでも2~3回あったような気がしますし、男性だって妊娠するご時世ですからあってもおかしくは無いのですが、いささか不思議です。
正に信心のなせる業ですが、無事生まれた子供は世界にごまんといる「キリストの生まれ変わり」として崇められるのか、それともさげずまれるのか今後が楽しみです。
とにかくこの少女に起こった奇跡を信し・・・・や~めた、やめた、いい子ぶるのはここまでです。
実際、ありえないでしょ?そんなこと(笑)
「プールで泳いだだけで妊娠」するなら、日本で少子化問題なんて起こっていないハズです!!
そもそも、ホテル側に責任があるといいますが、プールに入る宿泊客にいちいち「アナタが最後にオナニー&セックスしたのは何時ですか?」なんて聞けるわけがないでしょう。それこそ名誉毀損&傷害罪&プライバシーの侵害&セクハラで訴えられますよ、絶対に!!

まぁ裁判の行方次第なのですが、もし、本当にもしもですよ。少女の両親が勝った場合は、今後プールは小学生以上の男女は遊泳禁止となるか、銭湯みたいに完全セパレート方式をとるしかありません。
そんなプールに誰が行きたいと思うのかが問題ですが、変な疑いをかけられないようにするためには致し方ないのかもしれませんね(笑)

さて、ここからは豆知識です。
ポーランドは約95%がカトリック教徒だそうです。敬虔であればあるほど、「婚前交渉」は認められていません。つ・ま・り少女の性交渉を認めてしまうと破門確定。両親も何らかの制裁を受けるはずです。
まぁこれでは、両親は「実は性交渉があった」なんて認めるわけにはいきません。きっと必死で理由を探したんでしょうね、どんなにおかしな理由であろうと・・・(笑)。
それと、裁判官だってカトリック教徒でしょう。この不思議な事件を認めて、この様な「処女受胎」を認めてしまうと、「聖母マリア」の「処女受胎」の神秘性というものを否定しかねない事態に陥ります。ポーランド・カトリック教会は絶対に認めないでしょうねぇ・・・聖母マリアが普通の女性になってしまうという話ですからね(笑)
また、提訴事実を否定すれば少女の淫行を認める事となるので、当然前述のような結論になります。

宗教を取るのか、少女の未来を取るのか、非常に難しい判断ですが、それにしてもこの少女の両親はとんでもないことをしてくれたものですね(笑)



過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


地方競馬クライシス!?(ジャパンダートダービー編)

去る水曜日に行われた『ジャパンダートダービー(JDD)』(大井競馬場 JpnⅠ ダート2000m)は3歳ダート王決定戦です。
全国にある地方競馬で行われている「ダービー」を勝ち上がった馬だけが参加を許される格式と伝統のレースで・・・そのはずなのですが、今年の参加馬をよ~く見てみると、ダービー馬が3頭しかいないという惨状です。
正直、参加されても「数合わせ」の印象をは拭えないので、深く追求しない方向で行きたいと思います。

さて、今年も戦前からJRA勢以外の選択肢が存在しないような雰囲気が漂っていましたが、気のせいではない様子。
その中でも『兵庫チャンピオンシップ』の1・2着馬&『ユニコーンS』の1・2着馬が人気になるのは仕方の無いことです。この中から選別をするのならば、根拠は無いけど今回は「いけそうな気がするぅ~~」程度の理由で1番人気に押された「スーニ号」、鞍上と距離と成長にちょっと不安が残ります。
「シルクメビウス号」は3連勝と波(or調子)に乗っているのですが、戦ってきたメンバーのレベルに疑問が残ります。「ゴールデンチケット号」は『ダービー7着』が高評価なのですが、同時に『疲れ』も気になるところです。
つまり、どの馬も一長一短で確証が無いのが大問題なのですが、大負けすることも考えられないので買い目に困ります。
「グロリアスノア号」は+19キロなんて馬体重増なので今回は割引きが必要かと思います。因みに、このことが無かったら「三沢光晴選手の死去」⇒「プロレスリング NOAH」⇒「グロリアスノア」というサイン馬券に手を出すところでした。
それではレースです。



スタートで出遅れた「ゴールデンチケット号」は鞍上を考えればいつものことですが、ゲートに入ってからすっと左を向いていたのはいただけません。
それでも、1角を回る頃にはJRA軍団が集団を形成していました。レースはそのままの展開で4角に差し掛かりました。
この段階で忙しく手綱を扱いている「スーニ号」は残念ですがここまでです。
直線に向いてからは「シルクメビウス号」が徐々に差を詰めにかかりますが、内の方からもの凄い勢いで追い込んでくる1頭の馬が!!ゼッケン番号「テスタマッタ号」!?
並ぶ間もなく「シルクメビウス号」をあっという間に抜き差って、そのままゴ~ルイン!!
また一頭、よくわからない「ダービー馬」誕生してしまった瞬間でした。

前走までスプリント戦を戦っていた馬が、ダートの世界では長距離の部類に入る2000mを勝つなんて、何かが間違っています・・・と思ってもう一度成績表を見直してみたところ、驚愕の事実が判明しました!!
この「テスタマッタ号」は過去5戦の上がり3ハロンが全て「34秒台」という豪脚の持ち主でした。いくらJRAのダートとはいえこの数字は驚異的です。
つまり、今まで勝てなかったのは「道中の位置取りが悪くて、追い上げたけど届きませんでした」と言えるかもしれませんが、今回はたまたまだったとも言えますので次走を判断基準にしたほうがいいのかもしれませんね。



過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。