聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の総決算『有馬記念』です。

いよいよ、あと2日後に迫ってきましたが本命馬は決まりましたでしょうか?
泣いても笑っても、この『有馬記念』で今年の競馬が終わります。色々あった1年ですが、何とかこのレースを迎えることが出来ました。競馬の神様に感謝の意を表しながらも、もうひと働きしてもらわないといけません。
持てるすべてを総動員して、的中を勝ち取りましょう。

今年の有力馬を見ていきましょう。
まずは昨年の優勝馬「マツリダゴッホ号」
今年は『日経賞』と『オールカマー』を勝っていますが、いずれも中山コース。さすがは中山巧者です。しかし、メンバーに恵まれていたのも事実で、海外帰りとはいえ『札幌記念』で「タスカータソルテ号」に惜敗(「タスカータソルテ号」はその後の『天皇賞・秋』で惨敗)しています。
苦手の左回り『JC』で4着に健闘しましたが、その時のメンバーもどうなのかという気がします。
得意の中山コースに戻る今回は期待されていますが、昨年と同じ状態にあるかはわかりません。
最終追い切りも前回に比べると物足りない気がしますし、ここぞって時に出遅れる『ESP』(蛯名スペシャル)も心配です。忘れたころにあるかもしれません・・・?
ただ、今回もメンバーに恵まれている感があるので、上位なのは間違いないと思います。

次は上がり馬「スクリーンヒーロー号」
『JC』を快勝して、その勢いのまま『有馬記念』も・・・と、陣営が青写真を描いていると思います。それもそのはずで、この秋の成績は完璧に近いものがあります。ただ、そのほとんどがスローペースによるもので、今回は望めそうにありません。そこをどう克服するかが鍵になりそうですが、鞍上の「M・デムーロ」騎手の手腕に期待するのも1つの方法でしょう。逆に過剰人気になった場合は蹴っ飛ばすのも良いかと思います。

皆さんを悩ましている「メイショウサムソン号」ですが、本当に困っています。
『JC』を見た時は本命視していたのですが、どうも中間の調教でいい話が聞こえてきません。1回叩かれた効果を期待していたのですが・・・う~~~~ん困りました。さらにこの馬は『有馬記念』と相性がよくありません。2戦して【0002】です。データからみれば必要ないのですが、もう1つのデータが悩ませます。
鞍上・武(豊)騎手の『有馬記念』の成績が【2719】と連対率.474。3着以内だと.526になります。つまり、2回に1回は複勝圏内にきているのです。昨年は8着なので、今年は・・・?
人気がなければ、思い切って狙っても良いかと思います。
さらに競馬界には「浪花節」が今でも生きています。引退レースにはサプライズが待っているかもしれません。

さて、皆さんの大本命馬「ダイワスカーレット号」の出番です。
体調面で不安があるために、順調に使えないのがもどかしいところなのですが、その強さはトップクラスです。前走は負けて強しの内容で、『JC』を回避したことも好材料の1つです。中間も順調そうなので、普通に走れば勝てるとは思いますが、どうなんでしょう?
11戦して【7400】と文句のつけようがない成績です。問題点があるとすれば、37年間牝馬が勝っていないことでしょう。しかし昨年、歴史を塗り替えた「ウオッカ号」より強いと思っています(個人的に)何とかなるかもしれません(笑)
単勝で2.0倍~なら勝負になりそうです。

他の馬たちも虎視眈々と狙っていると思うので、難しい判断を迫られそうですが、今年最後の夢舞台を悔いの無い様にしたいですね。
以上が昨日の夜に書いたお話で、これからが枠順発表を見た今日の話です。

正直、困りました。
せめて、もう少し内なら良かったと思っている人も多いかと思います。フルゲートではなかったのが不幸中の幸いですが、もう一度考え直さなくてはいけなくなりました。
ただ「アサクサキングス号」が逃げると思いますので、それについて行って最初の4角までに2・3番手を取れれば問題ない感じがします。
もっと問題なのは「マツリダゴッホ号」です。昨年の優勝は枠によるものがあったかと思われます。しかし、今年は外を回されること必死です。「インコースをロス無く回って、先に抜け出す」競馬が身上の同馬にとって、厄介な問題が持ち上がりました。ちょっと心配です。

過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

スポンサーサイト

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


今年も『中山大障害』(GⅠ)が10Rなんですよ。

いったい何なんでしょうね?
藤田騎手+地方競馬+断然1番人気=勝てない!!
この方程式は。
『JBCクラシック』『JCダート』を好走して、わざわざ(本当にわざわざ)『東京大章典』を回避して、自分の得意な距離とコースを選んだのに、この体たらくは無いですよね。
大体、舐めすぎなんですよ相手を。確かに、取るに足らないメンバーでしたよ、今回の『名古屋グランプリ』(GⅡ 名古屋競馬場 ダート 2500m)は。だからといて最後方からの競馬はいただけません。せめて中団にいないと勝負になるわけがありません。
案の定、追いつくのが精一杯。無様な競馬を見せてしまいました。
とはいえ、すべて「メイショウトウコン号」が悪いわけではありません。中団に位置していた「地方所属の有象無象」がフラフラしていたこともあり、追い上げるのに苦労したと思います。決定的だったのは2週目のバックストレッチで、追い上げていく「メイショウトウコン号」の進路を8枠のどちらかが邪魔する格好になってしまいました。そのため、一気に上がっていけなかったのが最後まで響いてしまいました。
ただ、決して「ムーンバレイ号」「チャンストウライ号」が悪いわけではありません。後方にいた「メイショウトウコン号」が悪いに決まっています。だから地方では、前々で競馬するようにいつも言っているのに・・・。
優勝した「ワンダースピード号」のことも誉めておかなければなりません。常時2~3番手につけて4角で、逃げた「ヤマトマリオン号」をあっさりとかわし、一旦「メイショウトウコン号」に追いつかれるも、最後は突き放しました。強い競馬ですが、最後の末脚が余りに素晴らしかったので、故障しなければいいなぁと老婆心ながら申し上げておきます。

さてさて、この『聖☆オーラル学園 給水塔』をご愛読されておられる読者の皆様ならお気づきだと思いますが、私「ゴールデン・ノイズ」が『有馬記念』より『中山大障害』に命を懸けているという変わり者だということを。
ご期待(?)に応えて、今年もやります。『中山大障害』特集のお時間です。全国的にも需要は少ないと思いますが・・・。

それでは有力馬をみていきましょう。
まず「マルカラスカル号」
今年は春の『中山クランドジャンプ』を優勝して、父グラスワンダーに初重賞をプレゼントしました。
今年の障害レースでは負けなしの成績です。昨年3着の雪辱を晴らせるかどうかに期待がかかります。脚質も障害馬に理想的な「逃げ」、優勝候補の1頭です。
次は同厩舎の「キングジョイ号」
昨年の2着馬で、出走数が少ないですが2戦して1着1回、2着1回と安定しています。決め手不足の印象がありますが、今年はどうなるでしょう?
あと、昨年の優勝馬「メルシーエイタイム号」、今年の「中山クランドジャンプ」の3着「テイエムエース号」など、悩ましいところです。

さて、ちょっと趣向を変えて各種データ(週刊Gallopより)の紹介しましょう。

①人気別(過去4年間)
 1番人気【0103】連対率25%
 2番人気【2110】連対率75%
 3番人気【1012】連対率25%
これを見る限り、かたそうですね。

②世代別成績
  3歳馬【1100】 連対率100%
  4歳馬【1129】 連対率 15%
  5歳馬【2129】 連対率 21%
  6歳馬【01014】連対率  7%
  7歳馬【00015】連対率  0%
ちなみに、今年の構成は3歳馬(0頭)、4歳馬(4頭)、5歳馬(2頭)、6歳馬(7頭)、7歳以上(6頭)です(登録時)。

③東西比較
  関東馬【00228】連対率  0%
  関西馬【44219】連対率 28%
やはり西高東低は変わらないようです。

④性別成績
   牡馬【34234】 連対率 16%
   牝馬【0012】 連対率  0%
  せん馬【10111】連対率  8%
基本、牝馬にはキツいレースなので、仕方ないことだと思います。

このデータの中から、自分に都合のいいデータだけを信じて下さい(笑)
データからみると、 「マルカラスカル号」「キングジョイ号」「メルシーエイタイム号」は苦戦しそうです。大荒れを信じてみてもいいかもしれませんね。


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


都市伝説(救急車の事故 編)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
最近、救急搬送の問題が持ち上がっています。妊婦や救急患者のたらい回しなどは『言語道断』ですが、タクシー代わりに救急車を呼ぶなど、救急隊員の苦労は大変なものとお察しします。
そんな、救急車なんですが、年に数件の交通事故に出くわすことがあるそうです。
軽い接触&患者が無事ならまだいいのですが、稀に重大事故&患者死亡といった事態になることも…
そんな事故をもとにした都市伝説があるのです。

《ある葬儀社の社員が霊柩車で、前の晩に亡くなった男性の遺体を引き取りに行った。葬儀の前に必要な処置を施すためである。遺体を車に積み込んだ後、彼が会社を目指して走っていると、後ろから変な音がする。車を停めて遺体を調べてみると、なんとわずかながら脈がある。どうやら男性は昏睡状態に陥っていただけなのに、家族が早とちりをして葬儀社に連絡してしまったらしい。
驚いたが、とにかく携帯で1番近くの病院に連絡して救急車に向かってもらうことにした。しかし、せっかく男性が『生き返った』のに、その場でただ待っているだけでは何が起こるかわからない。そこで社員は事をできるだけ早く進めるために、病院と現場の中間地点で救急車と落ち合い、そこで男性を引き渡そうと考えた。
待ち合わせの場所を決めた彼は、震える手でハンドルを握った。長年この仕事をしているが、こんな事は初めてだ。努めて冷静に運転していたつもりだが、やはり動揺は隠せなかった。待ち合わせ場所まであと少しという所で、彼は対向車と正面衝突をしてしまった。しかもぶつかったのは、自分が乗せている男性を迎えにきた救急車だったのだ。救急車に乗っていた隊員ふたりも、葬儀社社員も即死。そして結局、霊柩車のなかで生き返った男性も亡くなってしまった》

確かにありそうな話なんですが、よくよく考えるとおかしな所が幾つか目に付きます。
①前日に亡くなったのに、病院に連絡してない。
②普通、自宅に遺体は取りに行かない。
③下手したら『拉致・監禁』
習慣などの違いがあるので、一概には言えませんが、自宅で倒れた時点で救急車を呼びます。犬神家の時代でもあるまいし…
まぁ…この話が流行したのは少し前の時代ですし、仕方のない面もあります。
では、現代風にアレンジしたらどうなるでしょう?
例えばこんな感じです。

都内の火葬場で火事がおきた。幸いボヤ程度で済んだのだが、機械が1台駄目になった。
消防の調査で、棺の中で何かが爆発したことが火事の原因だとわかったが、棺の中には何も入っていないことを確認していた。
そこで、葬儀社に連絡して遺族に確認してもらったところ、生前心臓に持病があり『ペースメーカー』を使用していたことがわかった。
それが、どういった経緯で見逃されたかはわからないが、取り外されることなく火葬場に運ばれてしまったのだ。
この事件の後から、葬儀社では必ず、遺体に『ペースメーカー』がついてないか確認するようになった。
なお、遺族は数千万円にも及ぶ賠償金は請求されたという。

なお、この事故は実際に起こっていますので、気をつけてくださいね。

過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


クイーン賞と全日本2歳優駿をまとめて

ちょっと間を空けたら、レビューがたまってたまって、来週は『中山大障害』&『有馬記念』の記事をUPしなければならないので、余裕が全く無い。
そこで、今日一気に片付けることにしました。ぶっちゃけ、やっつけ仕事です。でも、情熱は変わりませんよ。

まずは『クイーン賞』(船橋競馬場 ダート 1800m)です。
目玉はなんと言ってもあの「ユキチャン号」です。『関東オークス』以来精彩を欠いていましたが、ここは何としても勝ちたいところです。
メンバーも手ごろなのが揃いました。いつものように地方勢には消えてもらって、実質4頭の競馬なのですが、結果から言うと・・・勝てませんでした。
最後に「ヤマトマリオン号」にかわされてしまいました。う~ん、とても残念です。
しかし、敗因はハッキリしています。今年のレースを見続けてわかったことなんですがこの「ユキチャン号」、走りが1本調子なんですよ。簡単に言えば『器用さに欠ける』ということです。
今回も元気良く「逃げ」たのは良かったのですが、「ヤマトマリオン号」の絶好の目標にされてしまいました。ああなるとちょっとキツイですね。
もう少しためをつくれると、最後の直線で突き放すことが出来ると思うのですが、気性的に無理っぽい感じもします。年が明けて少し大人になったときを見てみたいです。
ただ賞金は加算できたので、それは良かったと思います。頑張って「メイショウバトラー号」の後を継いで下さい(笑)

さて、もう1つの『全日本2歳優駿』(川崎競馬場 ダート 1600m)なんですが、端的に言ってしまえば「スーニ号」楽勝です。
スタートして先行集団やや後方につけると、3角~4角にかけて上がっていき、最後の直線は後続を置き去りにしました。初距離の不安がありましたが、問題は全くありませんでした。
反対に情けなかったのが「メトロノース号」。前走みせた圧勝劇のため期待されていたのですが、どうも行きっぷりが悪く、4着を確保するのがやっとでした。やはり前走は間違いだったのでしょうか?次走を見ないとわかりませんが、あまり信用するのはどうかと・・・?
問題は2着の「ナサニエル号」です。ふざけた名前ですが、血統的には超一流です。北海道競馬で行われている「スタリオンシリーズ」で勝ち取った権利による奇跡の配合です。今年の北海道競馬でも「ここにいるような血統ではありません」といわれ続けていた馬です。そのうち中央に移籍してしまうのですが、僕が怒っているのはそこではありません。「ナサニエル号」を買わなかったために、馬券を取り損ねたことでもありません。
僕が怒っているのは「何故、前走勝てなかったのか?」ということです。
条件の違いはわかっています。しかし、地元開催のクセに「メトロノース号」をかわせなかったんだ!!!
と声を大にして言いたいです。しかも、相性が悪いみたいで、僕が買うときません。僕が買わないときは余裕綽綽で買ったりします。
ちょっと落ち込みました(マジで)・・・しかし、あまり落ち込んでばかりもいられず、来週は『名古屋グランプリ』&『兵庫ゴールドトロフィー』&『中山大障害』&『有馬記念』&『東京大章典』魅惑の5連戦が待っています。
お金持つのかなぁ・・・?

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル


都市伝説(コインロッカーベイビー2 編)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
少し前に紹介した『コインロッカーベイビー』の話は覚えているでしょうか?
子供を育てられなくなった父親が子供を捨てて、その何年か後の「今度はやめてよね」みたいなコトを言われるといったものなんですが、その話の進化バージョンがあることをご存知でしょうか?

都内のある公園の池には1つの『噂』があった。
それは、暗くなってからその公園の池の近くを通ると、池の方から子供の声で「たすけて~」という声が聞こえてくる。
といったものだった。その公園の裏手に住むサラリーマンの男性が住んでいましたが、その公園を通ることはありませんでした。当然、公園を通れば近道になるのに、わざわざ遠回りをしていました。
それは『噂』を怖がっているからの行動ではなく、男性が隠し持っているある『秘密』のせいでした。
その『秘密』とは・・・数年前にその池に息子を突き落として殺害してしまったことです。
幸か不幸か、警察の捜査も行き詰まり、誰にもばれないまま生活をしていました。そのまま年月は流れて、男性は再婚し、子供も生まれ幸せな日々を過ごしていました。
子供が5歳をむかえたある日、用事のため急いで自宅に帰らなくてはならなくなり、男性は例の公園を通り抜けることにしました。覚悟を決めて足を踏み入れます。
問題の池のところに来た時でした。池の方から『バシャ、バシャ』と何者かが泳ぐ音がします。さらに『たすけて~たすけて~』と子供の声がします。
『でた!!』と思い、男性は耳を塞いで一気に走り抜けました。自宅の灯りを見たときに「よかった・・・」と安堵の表情を浮かべ、深呼吸をしてから家の扉を開けました。
すると、奥さんが出てきてこう言いました。
『あなた、お帰りなさい。途中で●●(子供の名前)を見なかったかしら?1人で公園で遊んでいたんだけど・・・』

この話は「自分が殺害した子供の幽霊が現われたと思っていたら、実は自分の子供が溺れていた」といったオチになっています。
殺害された子供が、恨みを晴らす為に道連れにしたと解釈するか、昔の悪事に苛まされて、子供を見殺ししたと解釈するか、意見の分かれるところです。

一体誰が考えるのかわかりませんが、最近の都市伝説はこの手の話が多いです。進化していくのは大変喜ばしいことなんですが、話が雑になっているような気がします。
僕なら、子供を突き落とした場所の近くに住み続ける勇気はありませんけどね、皆さんはどうですか?


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


都市伝説(危険な水道水 編)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
恒例の「月刊 ムー」からの都市伝説です(先月号のだけど・・・)。

アメリカで次のような調査結果が発表された。
「ある州で水道水の成分を調べたところ、精神安定剤や睡眠薬の成分が検出された。
何故、このような結果になったかというと、薬を服用している人の体内で薬はすべて吸収されているわけではなく、そのうちのいくらかは尿などと一緒に体外に排出されてしまう。それが下水管を通って、下水処理場から河川に放水されて自然に帰っていく。その水は再び、水道水として我々のところに戻ってくる。このサイクルが繰り返されるうちに、濃度が高まって人間に悪影響を与えている」というものだ。
本来、下水の処理は汚水を消毒・殺菌・ろ過などはするが、精神安定剤や睡眠薬などの薬成分を中和する目的は無いので、こういった事態を引き起こしたというのだ。
しかし、当局はこれらの話を否定した。
「確かに、薬の残留成分というのはあるが、それは人体に影響を与えるレベルではない」とコメントした。
しかし、携帯電話全盛のこの時代、噂が広まることを防ぐことは容易ではない。この発表のあとすぐに、次のような都市伝説が広まった。

アメリカのある都市で、妊婦の流産件数が異常に増加した。あらゆる世代で流産率が上昇しているのだ。
市の保健局が調査をしたところ、ある年を境に変化していることがわかった。さらに詳しく調べてみると、その年にとある製薬工場が浄水場の上流に出来ていることが判明した。その工場では「口径避妊薬」を生産していた。
つまりこういうことだ。
その工場では、経費を節約する為に使用期限を過ぎた薬を適切に処理せず、下水に混ぜて河に流していた。それが浄水場を経由して、各家庭に配られ、その水を口にした妊婦が流産してしまったのだ。

以前にも述べたように、PCや携帯電話の普及は「噂」や「都市伝説」の伝播のスピードと範囲を飛躍的に向上(?)させました。1週間前のニュースが都市伝説に姿を変えて、人々に伝わることも珍しくなくなってきた。「ホリエモン」が逮捕された「風説の流布」という犯罪が、今後その他の産業で起こらないとも限らない。その典型的な例が「カイワレ大根 O-157事件」だが、お隣さんの場合はもっとすごい。
中国の御家事情の為、住民の間では「口コミの文化」が発達してきた(他に伝達手段が無かった為)が、近代化によって「携帯の普及」が進むと、さらに強固なものになった。
四川省の一部のみかん業者のみかんから「うじ虫」が発見されたというニュースが、2転3転して「すべてのみかんに、地震で亡くなった人たちから発生したうじ虫が付いている」と変貌し、中国全土のみかん業者を廃業に追い込んでいるらしい。
中国の携帯電話の台数は「5億台」とも言われていて、その威力は凄まじいと感じさせる事件といえます。

我が日本でも笑ってはいられない事態が起きている。
「伊藤ハムの地下水汚染事件」が記憶に新しいと思いますが、昔から「4大公害病」といわれた「水俣病」・「新潟水俣病」・「イタイイタイ病」・「四日市ぜん息」など、様々な事件が起こってきました。
先週も松阪市の大手スーパーの給水タンクに男性の死体が、1ヵ月も放置されていたとのニュースが報道されました。
素材が鉄なら良かったのですが、強化プラスチックか何かだったのでしょう(腐食防止とメンテナンスの利便性のため、最近はプラスチック製が多いみたいです)。そりゃあ、突き破っても仕方のない話です。
腐敗の進行具合がとても気になるところですが、市の検査(発覚後)では問題ないみたいです。とは言っても、飲みたくは無いですよね。気分的に・・・
まぁ、幸か不幸か「給水タンクの死体」という都市伝説は、都市伝説ではなく実話になってしまいました。今後は実際にあった話として、この都市伝説を語り継いでいきたいと思います。

詳しい話はコチラから ⇒⇒⇒ 都市伝説(給水塔 編)

過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


大復活!!「カネヒキリ号」

コースと日程が変わって初めての『JCダート』が無事行われました。
それではレース映像です。

これは「お見事!」というしかない、大勝利でしたね。
「C・ルメール」騎手が手綱を操る「カネヒキリ号」が、必死に追い込む2着「メイショウトウコン号」を凌いで先頭で駆け抜けました。
う~ん、やはり強かったということでしょうか?前走の惨敗を受けてどうかと思っていたのですが、陣営の努力により、素晴らしい仕上がりでした。パドックでは気合ノリが良かったように見えましたし、馬自身にも闘争心が戻ってきていたみたいです。
レースは終始、インコースを進みます。4角で「あっ、またかな?」という場面がありましたが、ぽっかり空いたところに滑り込んでいきました。直線での伸び脚はまさに全盛期を思い出させるモノでした。
さすがに最後は、後続に詰め寄られましたが、文句のない優勝です。

「メイショウトウコン号」は覚悟を決めての最後方一気を狙いましたが、あと少し届きませんでした。しかしこの馬、右周りは確実に差してきますね。パドックは本当に良く見せてましたし、返し馬も問題なし、何より「藤田騎手」の男気が素晴らしかったです。この馬のために「WSJS」(ワールドスーパージョッキーシリーズ)を辞退したとのこと。並々ならぬ執念を感じます。
しかし、これで年末の『東京大章典』『名古屋大章典』にむけてますます難しい選択を迫られそうです。

さて、意外にも「勝負根性の無さ」を露呈してしまった帝王「ヴァーミリアン号」ですが、終始完璧な仕上がりでした。前走の反動や馬体重増は問題が無かったと思いますが、陣営としては腑に落ちない結果といえるでしょう。
しかし、パドックでの黒光りした馬体は文句のつけようがありませんでした。返し馬やゲートもスムーズで、懸念されていた「先行して自滅」も無く、後方につけることが出来ました。そこから脚を溜めて一気に抜き去る予定だったのに、一体何が起こったのでしょう?
・先行して抜け出しが得意な岩田騎手だったから
・石坂厩舎との相性が良くないから
・「ヴァーミリアン号」にテン乗り実績がないから
etc・・・
と、色々考えられますが、個人的には「岩田騎手が遠慮をしているから」だと思います。急な乗り代わりに加えて、自身も2週連続の落馬。いつもより大事にいこうとしている感は否めません。
「ウオッカ号」でも「ヴァーミリアン号」でも、もっと横綱競馬でよかったと思います。自分の得意な形に持っていけば結果は違ったと思いますが・・・どうでしょう?
なんだかんだいっても、「平成20年12月7日 午後3時40分」の時点での力関係がこの結果だった訳ですから、それはそれと受け止めなければなりません。

この結果を見る限り、今後のダート路線も混戦が予想されるので、『東京大章典』は難解になりそうです。困ったなぁ~


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


JCダートの時間です

今週は、JCダートです。
下馬評からすると、なにやら2強ムードが漂っていますが、それもそのはず「ヴァーミリアン号」「サクセスブロッケン号」が出てくるのですから当然といえます。
以前、JDDのときだったと思いますが「JCダートに4頭が揃ったら面白い」と書きましたが、その通りの大変興味深いレースになりそうです。
とはいえ勢力図にあまり変化はなさそうですね・・・外国馬は大したことのない面子ですし、国内の馬達とは勝負付けが済んでいるのがほとんどです。
しかし、競馬は何が起こるかわかりません。先週も、残り20分くらいから人気になった「ウオッカ号」の単勝馬券を握り締めていた人々の涙が、記憶に新しいところです。
ここは一切の偏見を捨てて、各馬を見てみましょう。

1枠1番 ワンダースピード号
ダートの中距離を得意とする馬ですが、今年の帝王賞で2番人気を裏切りました(当然の結果ですが)。1800mと右回りの実績は買いなのですが、ここでは狙いにくそうです。来月の『平安S』に期待します。
1枠2番 フロストジャイアント号
よくわかりません。紙面を参考にしてください。

2枠3番 サンライズバッカス号
イマイチ勝ち切れないのですが、馬券圏内には必ず入ってくる馬の1頭です。どのようなコースでも戦える強みがある反面、展開(特に前残り)に左右され、GⅢでも取りこぼしが多々みられます。それでも3歳時には「カネヒキリ号」を破っていますので、警戒は必要です。ちなみに昨年3着です。
2枠4番 メイショウバトラー号
1800m以下で活躍するダート界の女王です。地方ダートの常連で、当ブログでも何回となく取り上げています。今年の「フェブラリーS」でもそうだった様に、 「リミットレスビット号」以外の牡馬には勝てません。今回も苦しいと思います。

3枠5番 メイショウトウコン号
1700m以上の距離で活躍する馬です。脚質は追い込みの一手で「サンライズバッカス号」と同じです。特に右回りでは無類の強さを発揮します。鞍乗も心強いのですが、スタートがとても下手なのでいつもハラハラさせますし、届かないこともあります。ただ、不得意の左回りで行われた昨年のレースで4着、得意の右周りで前進があるかもしれません。
3枠6番 ヴァーミリアン号
いわずと知れた、日本最強のダート馬です。前走の『JBCクラシック』では「サクセスブロッケン号」を子供扱いしての優勝、これが休み明けとは思えない走りでした。間違いなくメダルの色を争うことになると思います。テン乗りの岩田騎手が先週の過ちを繰り返さないかが心配です。

4枠7番 サクセスブロッケン号
ダートでは底を見せていない国内最強の3歳馬です。前走は跳ね返されましたが、改めてこの馬の能力の高さを見せ付けました。今回は前に行きたそうな馬が揃っていて、すんなりといけない雰囲気もありますが、調教はよさそうなのでいい位置に付けられれば、可能性はありそうです。
もちろんバリバリの対抗候補です。
4枠8番 ティンカップチャリス号
よくわかりません。紙面を参考にしてください。

5枠9番 アドマイヤフジ号
ダートの実績が全くないので、なんともいえません。どうでしょう?家賃が高い気がします。
まずはダートのOP競走あたりでお願いします。
5枠10番 カネヒキリ号
3年前の優勝馬でダート界の王者だった馬です。2年4ヶ月ものブランクがあった『武蔵野S』では見せ場なく敗退・・・今回は上積みを期待する声がありますが、前走を見る限り、競馬感が戻っていないように見えましたが、どうでしょう?完璧に復調しているなら、優勝する力はあります。

6枠11番 カジノドライヴ号
日本に残っていれば、ダート戦線を賑やかした馬の凱旋帰国です。新馬戦を大楽勝した後外国に渡ってしまったため、日本では「条件馬」にあたると思います(下手したら1000万以下かも?)。しかしアメリカでGⅡを含む2勝を上げていますので、実力的には申し分ないはずです。
ただ、外国馬といっても差し支えないと思うので、日本の馬場への適応が心配ではあります。突き抜けるか、惨敗のどちらかでしょうね。
6枠12番 ブルーコンコルド号
マイル以下では国内屈指の実力です。前走は馬体重の増加が響いたんだと思います。『東京大章典』で優勝、『名古屋大章典』で3着はあるのですが、JRAでの1700m以上の競走では、目も当てられない結果です。割引が必要ですね。

7枠13番 マストトラック号
よくわかりません。紙面を参考にしてください。
7枠14番 フリオーソ号
地方を代表する1頭です。前走も病み上がりの戸崎騎手だったことを考えれば、上々の結果です。自分のペースでいければ強いと思うのですが、今回もペースを握れそうにありません。JRAの馬場への実績もイマイチですし、難しいですね。

8枠15番 ワイルドワンダー号
ダートの中距離で活躍する馬です。強いのですが、過去に何回も言っているように追い込みきれません。追い込んできて2・3着の競馬が多すぎます。しかし、時計は非常に優秀なので、一応注意は必要?なのかも知れません。
8枠16番 ボンネビルレコード号
JRAに所属しながら、地方でしか勝てない謎の多い馬です。JRAの馬場では一切走りませんので、今回もいらないと思います。次走の『東京大章典』で頑張ってください。

外国馬の得意な右周りになったこと。距離が短くなったこと。開催がずれたこと。etc・・・。
どのような要因によって結果が変わるかわかりませんが、あの2頭のケンカを売るには、よっぽどの度胸がいるような気がします。
正直、難しいです・・・


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル


都市伝説(道路標識の怪 編)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
最近、車に関する話をよくしているのですが、こんな話はご存知でしょうか?

車を運転していると(助手席に乗っていても)、様々な道路標識を目にすることがあると思います。

これとか信号これとか工事中これとか踏み切り
のことです。正確には『警戒標識』といって、ドライバーに注意を促す為の物です。(画像提供:道路標識の画像)ベースは黄色で、絵は基本黒色。まさに警戒色そのものです。
ちょっとした山道を通ると、
落石もよく見ますよね。
その『警戒標識』の中でも、たまに見かけるのが、
コレその他の危険です。
俗称『ビックリマーク』などと呼ばれていますが、道路交通法によると『その他の危険』を表していて、 「運転上注意の必要があると認められる個所」に設置されているそうです。思わぬ危険を回避する為につくられた物なんでしょうけど、その曖昧さが仇になってこんな都市伝説が生まれてしまいました。

道路を走っていると目にする「その他の危険」の道路標識。あれはドライバーに「思いもよらない危険」を回避する為にあるのだが、その「思いもよらない危険」のなかに「幽霊が出るので注意」といった意味が含まれているものがあるらしい。
もちろん、警察関係者は認めませんが、山奥のトンネルや墓地の近くなど、怪しい場所でよく見かける気がします・・・
もしドライブの最中に見かけたら、絶対に注意してください。幽霊が出るにしろ、出ないにしろ、そこが危険なのは間違いないのですから・・・

昔からよく言われている話なのですが、イマイチな感じが拭い去れず『深夜ドライブの小ネタ』が定位置になっています。
ただ、認知度は結構高め(とはいっても、歩行者専用の規制標識には敵いませんが・・・)なので、男2女2のドライブの時に得意気に話そうものなら『あっ、俺もその話知ってるけど、根拠のないただの都市伝説だよ、結局』なんて相棒に手柄を持っていかれて、目的地を『貴船神社』に変更したくなりかねません。
でも、ご安心を!!
小生は、都市伝説を愛する貴殿の味方ですゾ。そんな時は、この話で反撃しておやりなさい。

(『あっ、俺もその話知ってるけど、根拠のないただの都市伝説だよ、結局』と言われて、女の子達が『そ~なんだぁ~』と納得した後で)
確かに道路標識の話は都市伝説だけど、実際にそんな看板があるんだよ。
(『またまた~』とか『嘘つくなよ』とか言われた後で)
その看板があるのは、山形県から宮城県に抜ける国道48号線。この道を天童市(将棋の駒の生産や人間将棋で有名)から1時間ほど走った関山峠に『関山トンネル』がある。ここでは『バックシートの幽霊』や『バイクに乗り込む幽霊』が有名なんだけど、これは何処にでもある話。ここが特異なのは県が幽霊出現に注意を促す看板を実際に立ててしまった事だ。
その看板は、旧道の方の関山峠のトンネル入口付近に設置されていて、
『ここは異常現象が発生しますので、立ち入りを禁止します』って書かれている。
元々、旧道は険しい道だったので事故が多かったらしい。そのためか色んな怪奇現象が起こっていて、供養の為に「卒塔婆」や「供養塔」が建っているのだが、現在では通行する人もほとんどいなくて、看板も土に埋もれてしまっている。だが、その場所に今も「幽霊出没注意!」の看板は存在している。

どうです?コイツでゲームを優位に展開してみてください。貴殿の成功を願っていますゾ!!


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


さすが『M.デムーロ』、仕事人だね。

3歳時に期待されながらも、長期戦線離脱を余儀なくされた「スクリーンヒーロー号」が「M.デムーロ騎手」に導かれて、見事な勝利を収めた映像から御覧下さい。

優勝した「スクリーンヒーロー号」は見事な競馬でした。鞍乗の「M.デムーロ騎手」の手腕はさすがですね。脱帽です。
でも決してフロックではありません。前走の『アルゼンチン共和国杯』も見事でしたが、その勢いを保っていたようです。追いきりも申し分なく、当日のパドックでも、前走時と同じ状態に見えました(あくまで個人的な感想ですが・・・)。ペースがあまり速くならなかったことも味方したのかもしれませんが、最後の直線はいい脚を使っていました。
この他にも様々な要因があったとは思いますが、これでグラスワンダー産駒による「初GⅠ制覇」(平地)です。関係者各位には「おめでとうございます」と言いたいです。

さて、問題の3頭ですが・・・今朝の新聞を読んでいないので、どんな言い訳をしているかわかりません。しかし、思ったことを言います。
まず「ディープスカイ号」。追いきり&パッドクでは申し分の無い状態でした。特にパドックでは、気合を表に出したいい歩きをしていました。本気で「ここは勝たれても仕方ない」と思ったほどです。しかしながら、周回を重ねるごとに多少のイレ込みがみられました。返し馬でも口向きの悪さを見せており、この辺が『若さ』といったところでしょう。この辺が解消されればもっと強くなると思います。
今回は勝った馬に上手く乗られただけで、この馬の力は十二分に発揮したと思います。今後も期待の1頭です。

次は「メイショウサムソン号」。一言で言えば『海外帰りが響いた』ということかもしれませんが、いい所はありました。最後の直線では、見せ場もつくっていて頑張ったと思います。次走も悩ましい1頭になりそうです。パドックでは、ちょっと覇気が感じられなかったので、その点がポイントになりそうです。
ただ、過信は禁物です。

最後に「ウオッカ号」。色々あるのですが、順番に片付けていきましょう。
まずレースの評価ですが、前に行った騎手の判断については賛否両論あると思いますが、そこまで間違ってはいなかったと思います、一応3着を確保していますから。ただ、道中ずっとケンカしているように見えました。馬と騎手の間に微妙なズレがあったような気がするのですが、どうでしょう?
最後の直線で、なかなか外に出せなかったのは騎手の判断ミスですが、身上である『切れる末脚』が鈍っていたのも敗因の1つでしょう。
しかし、調教師をはじめとするスタッフの努力はすごかったと思います。当日の馬体重は思ったより減っていないし、パドックでもいい感じで歩いていました・・・が、前走時に比べると少しおとなしくなっていた気がしました。やはり『反動』があったと言わざるを得ません。次走が何になるのかがわかりませんが、余程のことがないと復調は難しいかもしれません。調教とパドックには注目です。

今年の『JC』を見ていて、改めて女傑「エアグルーブ号」の偉大さがわかりましたが、残念なのは『馬場状態』でした。ウインズでモニターを見たとき、思わす「10年前の馬場じゃねぇ~か」と思ってしまうほど、内側の方は荒れていました。
「勝負は公正・公平」が大原則です。あれでは、内と外では差がありすぎます。さらに言えば「国際競争」ですよ、『JC』は!
外国の関係者があんな馬場を見たら、ますます参戦しにくくなってしまいます。わざわざ外国馬を招待してきて行うレースです。必死に馬場状態を保つように努力をしてください(怒)
日本の馬が海外で走るとき、あんな状態の馬場では走っていないはずです。

あと「アサクサキングス号」が負けたのは、実況のアナウンサーが「マツリダゴッホ号」と間違えて何度も叫んだためです(笑)
しかし、あの実況アナウンサー(フジテレビの塩原氏)は、一体いくらつぎ込んでいたのかなぁ「アサクサキングス号」に(笑)


過去記事(馬)の検索はコチラから  ⇒⇒ 過去記事(馬)データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。