聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「斉藤智裕」=「水嶋ヒロ」処女作『KAGEROU』の評価はいかに・・・!?

それでは見せてもらおうか・・・ポプラ社文学賞大賞受賞「KAGEROU」の実力とやらを!!



……

………

…………

つい先ほど読み終わりましたが、一体どのような評価を下していいのやら悩んでいます。とにかく順番に解決していきましょう。
まず散々言われている「内容の薄さ」ですが、かなり薄っぺらい内容です。主人公に合わせて言うのなら

「内容が全くないよう」

という駄洒落になります。1ページ38文字×14行なので児童書並みの文字数になっているのは、出版元のポプラ社がそれ以上の文字数を詰め込む技術を持っていなかったと諦めますが、小説というのは文字数=ページ数が値段に結びつきますので、この値段でこの文字数は詐欺のレベルです。えっ文学作品だって??またまたご冗談を(笑)
あらすじから「ライトノベル?」と批判されていましたが、ライトノベルよりはちゃんとした小説になっています。編集者が頑張ってブラッシュUPした結果だと思います。しかしこれを「小説」と言い切ってしまうと世の中の小説家に失礼なので、ボクシングの階級に習って「スーパーライトノベル」といったところでしょうか?その原因は主要キャストの名前が片仮名表記になっている為だと思われます。作品中に本名がちゃんと出て来るのですがそれ以降もこの片仮名表記は直りません。もしかするとこれがファンタジー成分なのかもしれませんが、お陰で「ヤスリ」と主人公の名前を間違えて読みそうになりました。

あと原文に近いとされる前半部分でよく目立ったのが「余計な比喩」です。分かりやすく伝えたいのも知れませんが、その努力が空回って余計に分かりにくくなっています。作品中に

<二人を乗せたクルマは、温めたフライパンの上を滑るバターのように静かにゆっくりと走り出した。>



とありますが、ここは『二人を乗せたは静かにゆっくりと走り出した。』でもOKだと思うのですが、大先生は我々と違うのでしょう、感性が。

この本の帯には例の煽り文句

『KAGEROU』――儚く不確かなもの。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?
深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。
水嶋ヒロの処女作、
哀切かつ峻烈な「命」の物語。

これの何処までがストーリーに沿っていたのかと僕なりに検証すると正しいのは・・・

そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。

そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。

水嶋ヒロの処女作


ぐらいで後は「嘘」とまでいいませんが、間違っています。
主人公は「かげろう」のような人生を送っていた訳ではなくただの負け組みです。絶望ではなく人生を諦めていると感じましたが、それも絶望といえばそうかもしれませんし違うかもしれません。
主人公は全てを納得した上で終末の場所に自分の意思で向かいます。苦悩など一切抱えていません。そこで出会う「儚い命」=ぶっちゃけロリに出会い悩みますが、それもすぐに解決します。
そこには『哀切かつ峻烈な「命」の物語』は存在しませんし、何より『肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?』という疑問に答えが示されていません。

まぁ処女作とすればこんなものなのかもしれませんが、残念なのは2000万円の賞に値する作品では無い事が明らかになってしまい、この文学賞の価値が無くなってしまいました。
しかし、斉藤智裕=水嶋ヒロ先生の評価をこれで決めてしまうのは良くない話です。次回作の出来に期待したいと思いますが、なにやら本人が『映画化』の話を最早口にしているご様子。大変素晴らしいことですね(棒)
芸能活動も結構ですが、本気で作家として活動していく気があるのなら最低でも5年ぐらいは表に出ないで朝から晩まで小説を書き続けて、その中で一番良いできの作品を次回作にするぐらいの覚悟で挑むべきだとは思うのですが・・・そうする事は出来ない性格のようです。
ニュースで「次回作の準備も出来ています」と言っていましたが、
本気で仰っておられるのでしょうか斉藤先生??


【送料無料】KAGEROU

【送料無料】KAGEROU

価格:1,470円(税込、送料別)



「読むなとは言いませんが、買えとも言いません」

これがこの作品の評価でしょう。


スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学


いい加減に「ノストラダムス」から離れてみないかい?

ふぅ~随分と久しぶりに更新しているので、なんだかペースが掴めない。
そもそも、こんなに更新が遅れたのは、年末の忙しさと予想外の仕事、年賀状作成に伊藤(仮)から進められた『Call of Duty』の動画が面白すぎて、ついつい見まくっていたらこんなに間が空いてしまいました。
それに加えて「アサシンクリード2」の動画も面白すぎる!!まぁ箱○がないのでプレイはでき無いのですが(笑)

まぁリハビリを兼ねて今夜、『緊急警告!2012年人類滅亡!? ノストラダムス最後の大予言SP』っていう番組(年末恒例の人類滅亡モノ)がやっているので、それを見ながらぼやいてみます。

さて、「ノストラダムス大先生」は『20世紀最後の詐欺師』の称号を満場一致で獲得した段階で、役目を終えたと思ったのですが、また新しい本が見つかったらしいですね。
・・・ふ~ん、今度は「絵」ですかぁ?まぁ確かにそのような事が書かれているのかもしれませんが、さすがに今回は無理があるのでは無いでしょうか?詐欺師・・・失礼、ノストラダムス大先生が四行詩で予言をしていて、それが未来の出来事を予言していると「1999年」に盛んに宣伝していたのは有名ですが、それが間違っていた(かも知れない)となると、今度は「絵の中に予言がある」と言われてもねぇ・・・そうそう簡単には信じる事が出来ませんよね(笑)
「いまさら感」で一杯なのですが、何故また取り上げる必要があるのかというと「マヤ」が関わってきます。

ちょっと前に公開された映画「2012」でも取り上げられた「マヤ文明のカレンダーの謎」。
僕的には常識なのですが、知らない人が多いみたいで「新しい予言」として受け入れられた事にビックリします。昨今は女子中学・高校生のなりたい職業の上位に「キャバ嬢」がくるご時世。ならば、こんな荒唐無稽な話は知らなくても致し方ありません。
「マヤの人類滅亡の予言」については、わざわざ映画を見に行かなくてもこのブログ内の『地球滅亡・・・かも!?』をご覧いただければ、さわりは理解できますよ。もっと詳しく知りたい人はこんなTVより『月間 ムー』をお読み下さい。最初は解読不能だと思いますが、そのうち慣れてきますよ(笑)
おっ今度は「アステカ文明」か?・・・なんだ、スルーかい(笑)そして、今度は「NASA」の話。ということは「太陽フレア」≒「磁気嵐」だな、よしよし!

この話は実際にあっても不思議では無い話なので、心配と言えば心配なのですが、大昔から何度も何度も母なる地球は「太陽フレア」の影響を受け続けているのに人類が滅亡していない事を考えると、案外大丈夫なのかもしれませんよ(笑)
「磁気嵐」は確かに実際に被害が出ているので、戯言には出来無いのですが・・・「ミツバチ」??確かに大問題ですが、「ミツバチ」って磁場で行動してましたっけ??僕が習ったのは「太陽を目印にしてダンスを踊る」ということでしたが、学説は変わったのですね。勉強をしなければ・・・。
そして、「電磁波」の話の流れで米軍が密かに開発している「HAARP」の話に・・・アレ?今度は「黒点」の話か・・・でも、この話を始めると今問題になっている「地球温暖化」が嘘臭くなるのだけど、大丈夫ですか?

またまた話が変わるのかい?忙しいねぇ・・・ツングース?小惑星の衝突ね。でも、コレは「小惑星説」に「原発説」、そして「UFO説」と様々あるけど、今回は「小惑星説」でいくのですね。
現在、この地球上には様々な隕石や小惑星が降り注いでいます。そのほとんどは衝突前に砕け散ったり、大気との摩擦で燃え尽きてしまいます。実際に衝突するのは極僅か。「アルマゲドン」や「ディープインパクト」のような事が起こるのかは不明ですが、世界の警察こと「アメリカ」に任せましょう。きっと、余っている核ミサイルで打ち落としてくれますよ。

今度は地震。うん、地震と言えば先週末の伊豆沖の地震です。きっとTVでは地震の予兆として、「変な雲が現れた」とか「小動物が逃げ出した」とか言うのだと思いますが、それより確実な予兆があったのです!!
最初の震度5強が観測される数日前、富山の方で「リュウグウノツカイ」が捕獲されたとのニュースが気づかれないようにな流れました。
この「リュウグウノツカイ」は昔から「地震が起こる前に姿を現す魚」として有名(?)です。岩手内陸地震の前にも捕獲されたとかされなかったとか言われていますが、「こういうことがあるんだなぁ」と再認識しなくてはいけませんね。先人の知恵というのは馬鹿には出来ません。
でも、地震とか火山の噴火は人類がどんなに頑張っても、防げないものの代表格です。いくら忠告を受けようと、エコに気をつけようと地球が機嫌を損ねたらどうしようもありません。座して死を待ちましょう(笑)


どうやら、このまま終わりを迎えそうなので、このぼやきもそろそろ終了に向かいます。
まぁ何ですかねぇ、やたら「映画」と結び付けたがる傾向が見受けられましたが、大規模な火山の噴火が起こると地球が寒冷化(現在より-10℃)するということは、現在の温暖化はそれを回避する唯一の手段という事になりませんか?そう考えれば「エコ」という概念は、地球を滅亡に導くという事になりますよね。つまり、人類は間違った道を辿ろうとしているという事になります。
イカーーーーーーーン!!さぁ今すぐ「エコ」なんてことは止めて、じゃんじゃん二酸化炭素を放出しましょう。いづれ訪れる「地球寒冷化」に備えて、地球を暖めましょう!!(笑)








・・・って事が、この2時間のまとめになるけど、本当にコレで大丈夫?


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


空から『おたまじゃくし』が降ってきた事件について

どもっ、「新型インフルエンザ」の宿主でもあるゴールデン・ノイズです。

ビックリしましたね、「空から『おたまじゃくし』が降ってきた」というニュースを見たとき、最初は「なに『東スポ』の記事パクっているんだよ」と思ってしまいましたが、どうやら本当みたいです。
月曜にこのニュースを聞いた時、ココですぐに取り上げてもよかったのですが、あえて2~3日待ってみました。その間に「ごめんなさい。実は・・・」と誰かが名乗り出るを待っていたのですが、なかなか出てきてくれないので取り上げることにしました。

様々なワイドショーで取り上げられているように、この『空から変なものが降ってくる事』自体はそんなに珍しいことではありません。
自然現象である雨・雪・雹(ひょう)・霰(あられ)は勿論、自然物である石・砂、人工物であるネジ・自動車・人工衛星まで様々なものが我々の頭の上に降り注ぎます。
以上挙げたものは、降ってきてもおかしくない物ですが、今回降ってきた『おたまじゃくし』をはじめ、生物系が降ってくると事情が変わるみたいです。
しかしながら、大昔からそのような現象は記録が残っていて、通常この様な現象のことを「ファフロッキーズ現象」と言います。
歴史をみてみると、カエル・貝・カニ・ワニが降っています。何故か、空を飛ぶものだって降って(落ちて)きます。野ガモ・キツツキが死んだ状態で地面を埋め尽くしていたと言う話もあります。
他にも正体不明の物体だって降ってきます。

1955年アメリカのオハイオ州で「血の様な真っ赤なゼリー状の雨」が降ったという記録があります。この物質は立ち木を枯らしてしまったと言うのですから、一体なんだったのでしょうか?
もっと昔、そう預言者モーゼがいた時代には、モーゼが同じようなものを降らして、ソレをみんなで食べたと言うような話があったような記憶があるのですが・・・?
まぁ記憶自体が曖昧なので、信憑性はないですが(笑)

さて、歴史の勉強はココまでにして今回の現象の原因を探ってみましょう・・・とは言っても、何千年もの謎を解き明かすことはそう簡単には出来ませんので、可能性を考えて見ましょう。

原因その1 竜巻説
・最も現実的なのがコレですが、天気図を見る限りその可能性は少ないと言うのが気象予報士の見解みたいです。

原因その2 飛行機説
・飛行機からの落し物が民家の屋根をぶち破る話はたまにあるので、可能性はありそうですが、そうそう都合よく『おたまじゃくし』を積んだ飛行機が数日に渡って飛ぶというのも不可思議です。

原因その3 UFO説
・飛行機以外の人工物といえばコレですが、信じるかどうかはアナタ次第です。

原因その4 渡り鳥説
・巣に帰る途中に落としたと考えることが出来ますが、鳥って『おたまじゃくし』食べましたっけ??

原因その5 超能力説
・人体の瞬間移動を「テレポート」と言いますが、物体を瞬間移動させる能力を「アポーツ」と言います。つまり、超能力者の悪戯か秘密結社の実験です。

原因その6 あの有名人達の仕業説
・風船おじさんorアデリール・アントニオ・デ・カルリ神父が「まだ生きているというサイン」として落とした。

きっとこのどれかが正解だと思いますが、個人的には「最近、相次いで他界された作曲家達が、空からおたまじゃくし(=音符)を落とした」という説をオススメします。
ちょっとメルヘン過ぎるでしょうか(笑)



過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif


テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


『イエティの足跡』の真贋はいかに?

あと一歩のところで、50万馬券を取り損ねた「菊花賞OP特別競争」は放っておいて、先週馬の話ばかりしたので、今週は不思議なお話にがぶり寄ります。
先週、一部の新聞とテレビを騒がした「イエティの足跡発見」のニュースについてです。
良くご存じない方のために、一応説明しておくと、

イエティ (yeti) は、ヒマラヤ山脈に住むと言われている未確認動物。全身が毛に覆われ、直立歩行すると言われている。
イエティは、シェルパ族の言葉で、岩を意味する"Yah"と動物を意味する"Teh"が語源である。現地では、伝承としてその存在が伝えられていたが、1887年、イギリスのウォーデル大佐が足跡を発見したことで、世界に知られるようになった。

                                              (すべてWikiより)
それ以来、『UMA』の1つとして世界中のオカルトマニアの間に広がっている未確認生物です。

世界中の探検家(川口ライクなほうです)が発見を目指して、1回の登山料が100万円は下らないヒマラヤに、挑み続けています。
今回発見したと言っているのは「ジャパン・イエティ・プロジェクト」の方々で、彼らは2003年にも発見の旅に出ています。HPを確認してみると、2003年の探索では人影と足跡(らしきもの)を発見していました。
つまり「イエティの為なら、命を投げ出す。冒険野郎マクガイヤー」ってことです。
以上のことを踏まえて、今回の大発見(?)です。
まずは、写真を御覧下さい。
YETI
全長17~8cmの足跡ですね。人で言うと4~5歳児ぐらいに相当するみたいです。
これは小さいですね。イメージで言うと幼稚園児でしょうか?
写真を見る限り、真上からまっすぐ足を下ろしたように足跡がきれいに残っています。これは人間がもつ歩き方の特徴らしく、2足歩行型の何者かがいたと思われます。

さぁ、お待ちかねの『難癖タイム』ですよ(笑)
まず最初は足の大きさです。
一般に信じられている『イエティ』は、大柄なイメージがありますが、どうやら小型の『イエティ』がいるらしいです。「今回の足跡は小型の方がつけたもの」と説明しているのらしいですが、大型のも発見されてないのに小型と言われてもねぇ・・・そして足の形ですが、随分と細長いですね。どうも安定感にかける気がしてならないのですが、どうなんでしょう?ああいう山道では、足幅が広いほうが良いような気がするのは「素人考え」なんですかねぇ・・・
最大の疑問は「踵の黒い部分」です。穴が開いている様に見えるのですが、隊員曰く「そこの部分は石(岩)があるために、そこだけ溶けてしまった」との事。原因と結果が逆だったかもしれませんが、とにかく踵部分に石があったことだけは、確かなようです。しかし、そこが問題なのです。
人間の構造上、踵に固いものがあった場合、足跡はつま先部分が強く残ってしまいます。どうも写真ではそうなっていないような気がしますが・・・つまり、足跡が綺麗過ぎるのです。『イエティ』は、我々に足跡を見せるのが『仕事』ではないので、そんな綺麗な『足跡』を残す必要は無いと思うのですが・・・?
どうらや、怪しい雲行きになってきましたね(笑)

もちろん、僕自身『イエティ』はいて欲しいと思っています。しかし『UMA』全般にもいえることなんですが、いつも問題になってくるのは、居住場所と食料です。
『イエティ』の場合は「雪洞」等に住んでいるといわれていますが、比較的安全とされる登山ルート周辺で見つからないということは、比較的危険な場所に住んでいると推測できます。雪崩や滑落の危険を冒してまでも、そのような場所に住み続ける理由とは、一体何なのでしょうか?一刻も早い究明が待たれます。
もう1つの問題が食料です。どんなに山深くても、植物と水があり昆虫が存在する限り、適応した小動物が生きているはずです。さらに、それを捕食する大中小様々な肉食動物がいて、生態系が保たれていることはわかります。別にそれに文句を付けているワケではありません。ただ、食べ残しはどうしているのと言う疑問があるのです。まさか巣に持って帰って、そこで食事をしているとは思えませんし、百歩譲ってそうだとしても、残ったものは捨てるでしょうから、巣の近くに「ゴミ山」らしきものがあるはずです。『イエティ』は移動しますが、ゴミは動かないので、発見は容易なハズでは・・・?あの寒さです、腐りませんしね。
さらに問題なのは、一面の雪原に「狩りの痕跡」が無いことです。まだ、捕まっていないのでどんな食生活をしているのかは推測の域を出ませんが、たぶん肉食か雑食でしょう。
それなら、何かを狩ったときの痕跡が無ければいけません。雪原を真っ赤に染める「血の跡」があちこちに残っていることでしょう。

これらの疑問に答えを出すために、今後の「ジャパン・イエティ・プロジェクト」の活躍に期待したいところです。
個人的には、「足跡」より「他の証拠」を探したほうが、早い気もしますが・・・いえ、聞かなかったことにしてください(笑)


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:UMA - ジャンル:


地球滅亡・・・かも!?

最近、TVで下手すれば『地球滅亡』の危機につながりかねないニュースを見ました。
なので、このブログで採り上げてみようかなぁ・・・なんて思ったので、やってみます。秋の連休に何処にも行けない人たちの暇つぶしになればいいかなと思います。
その『地球滅亡』のニュースは後にとっておくとして、皆さんが『地球滅亡』って言葉を聞いたら何を思い浮かべますか?
多分「ノストラダムス先輩」の事だと思います。現在は「世界一の嘘つき野郎」の称号をほしいままにしている彼ですが、彼は詩を書いただけで、それを勝手に解釈したのは我々です。彼の詩は三千年余まで続いているので、彼自身「前世紀末に地球が滅亡する」とは一言も言ってないわけです。本来、断罪されるのは、研究家を自称していた奴らと講談社なのです。
彼らにしたって「自分はこう思うんだ!!」という意見を言っていただけなので、その辺の事情を加味したら「ノストラダムス先輩」と同罪と言うことでしょうか?
彼らも評論活動の第一線から締め出されたので、これ以上ほじくり返すのは酷というものなのかもしれません(笑)
愛すべき「嘘つき野郎」は、見事に失態を演じてしまいましたが、世界にはまだまだ多くの言い伝えが残っています。
その中でもメジャーな部類に入るのが「マヤ文明」に関する話だと思います。
一般的に「マヤ文明」は紀元前2000年頃~16世紀まで続いたとされていて、高度な天体観測技術や金属加工技術を持っていたことで有名です。
そのマヤの人々は暦、つまりカレンダーを作っていました。しかしその暦が、何故か2012年で終わっているのです。
この事実より、古代マヤ人は人類の終焉を知っていたのではないかと考えられています。
何故、暦がそこで終わっているのかはわかっていません。言い伝え通りに『地球滅亡』の日がわかっていたのか、途中で面倒臭くなったのかは、滅亡した時にわかるので大人しく待ってましょうね
それまで待てない方は、タイムマシンの開発を急いでください。吉報をお待ちしています。

一方、我が国「日本」にも言い伝えは存在しています。
それは「神事を継承できない天皇の世が百年続くと日本が滅ぶ」という言い伝えです。
かいつまんで説明すると、昔から宮中の祭式儀礼を継承してきた「伯家神道」というものが存在しました(今もあるのかどうかは、よくわかりません)。平安の世から脈々と続いていたのだが、明治維新後のゴタゴタで天皇との関係が断絶してしまいました。
つまり、明治天皇は神事を継承したのですが、大正天皇は継承していないことになります。その大正天皇が即位したのが1912年。その百年後は・・・2012年となるわけです。
単純に自らの権力を保つための、都合のいい伝承だったのかもしれませんが・・・この偶然の一致を信じるか、信じないかはアナタ次第です(笑)
(ちょっとパクッてみました)

とはいえ、これらは所詮「伝承・予言」の域をでるものではありません。「ノストラダムス先輩」のことで一度懲りているので、なんともいえないのが正直な感想です。
そこで登場するのが、冒頭で紹介したTVニュースです。内容はこんな感じでした。

「欧州原子核研究機構がフランスとスイス両国の地下に建設した巨大円形実験施設で、粒子同士を高エネルギーを持った状態で衝突させて、宇宙の始まりとされる『ビックバン』を小規模ながら再現させる実験を開始した」
というものだったような気がします。ただこの実験、途中で「ブラックホール」が生まれてしまう可能性があるというのです。
勉強が足りないため、どういう原理で「ビックバン」が起こり、またどういう原理で「ブラックホール」が発生するのかを、説明することはできないのですが・・・(wikiで調べても、理解はできないですよ。多分)。
もし本当に「ブラックホール」が発生するならば、なんともキナ臭い話です。
なんとなくですが、両者とも「非常に高い密度と高温」を必要とすることぐらいは想像がつきます。進む道を間違えたら悲劇が待っているということですね。
研究者は「発生しても、小規模なものなので問題ない。すぐに消えてしまう」と言っています。ただ、原発の炉心融解と同様に「ブラックホール」を制御できないことは明白です。仮定の話ですが、一度成長を始めた「ブラックホール」は地球を滅亡させること間違い無しです。
実験は2009年に開始されます。細心の注意を払って貰いたいものです。成功したら、科学は飛躍的に進歩することも間違いないのですから・・・

余談になりますが、インドの16歳の少女がこのニュースを見た後に、自殺を図ったそうです。
気持ちはわからなくもないですが、ちょっと先走りすぎですね。実験の成り行きを見守っていても良かったのではないかと思います。


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。