聖☆オーラル学園  給水塔
『都市伝説』と『競馬』が好きな用務員の日記
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よく聞く話がついに我が家でも・・・(雑談 その22)

久しぶりにブログを更新してみるとしますか・・・。
この正月ノイズさんは実家に篭りっきりでお仕事に励んでいたのですが、そこであった心霊体験をお話します。

オーラル学園のメンバーはご存知なのですが、ノイズさんの実家は心霊現象がたびたび起こります。
廊下を歩く音や階段を昇る音がちょくちょく聞こえるのですが、実家は築30年近く経っている中古住宅なので、家鳴りは当然のように起こりますので家族全員全く気にしていないというお気楽家族です。
実際、高校生の時はよく聞いていたものですから、帰省して部屋でいる時に聞こえてきても全く気にしない状態でした。まぁ廊下を歩くにしても5歩ぐらいしか歩かないし、階段も途中までしか昇ってこないし本当に実害無しの状態です。

その心霊現象も最近起こってなかったので、この正月もすっかり頭の片隅から消えかけていたのです。
早朝から仕事があったので世間様が仕事を始めようとするときに睡眠タイムに入るのですが、太陽がサンサンと輝いている最中でそうそう寝られる訳も無く、布団の中でゴロゴロしながらたまにウトウトしていたら突然部屋の戸が思いっきり開けられる音がしました。(部屋の戸は昭和の引き戸なので、一気に引くと大きな音がします)
家族が入って来たのかと思い目を開けて入り口を見ると・・・そこには開け放たれた引き戸が見えるだけ。

「あれっ??寝ぼけたかな?」

と思いましたが

「間違いなく音は聞いたハズ!?」

そこで記憶を手繰り寄せてみると・・・

そこまで戸は開けてなかったはず。
時間を確認すると家族が戻ってくる時間ではない。
戸は開く音がしたが廊下を歩く音がしていない。


・・・だとすると、これは一体誰が??布団の上で胡坐を組んで考えること3分。

「きっと廊下や階段をウロウロしていたヤツが、ついに戸を開けることを覚えたのだろう」

という結論に達しました。しかし、この幽霊(仮)はノイズさんがこの家に来た時からいるのでほぼ家族です。
同じ幽霊(仮)なのか解りませんか、戸を開けて何を訴えたかったのでしょうかねぇ???
極度の人見知りなのか?ノイズさんをジワジワ追い詰めているのか?もう少ししたら枕元に立ってくれると思うのでその時まで覚えていたら聞いてみます。

ノイズさん的には「泥棒じゃなくって良かった」程度の認識で、帰省時の楽しみが増えたぐらいにしか思っていませんが、母親にこの話をしたら小躍りしながら喜んでいました。
その姿を見て

「俺は間違いなくこの人のお腹から生まれてきたんだ」

と再確認させられました(笑)


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif
スポンサーサイト

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:


つ、ついに…視てしまった。(雑談その21)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
隠していた訳ではなのですが、我が聖☆オーラル学園には登山サークルが存在していて年に1度だけ登山を行なっています。今年も伊藤(仮)くんが発案者になって黄金山(石狩市浜益区 標高739.1メートル)に挑む予定でしたが、お盆前から降り始めた集中豪雨の影響か登山道の一部が崩落していて、入山禁止になっているとの情報を前日にGetした伊藤(仮)くんの情報により登山は中止、折角装備を一新したというのに・・・まぁしかし自然には勝てないので諦めていたところ、ブロッケンくんが「家に居たくないでござる」というので、当日ブロッケンくんをサルベージして別の目的地にLet’s go!!

そんなこんなでたどり着いたのが、北海道の中央部に位置する都市I。その郊外にある自然遊歩道を歩こうという事になりました。遊歩道は整備が行き届いていて3人が横に並んで歩ける程の広さで、気温も湿度も丁度良い感じで、和気藹々と行程は進みました。目的地でもある山の上の見晴台にある東屋では気持ち良い風が汗を乾かしていって、広がる景色もなかなか良い感じ・・・えっ、そんな登山の感想は『旧校舎』でやれと仰いますか?いやいや、わかっています。ここは『給水塔』ただの登山の感想ではありません。本番は帰り道でのことです。

順調に帰路を進んで遊歩道の入り口まで残り1km程になった所で・・・視てしまったんです。いや、視ることが出来たのです!!
思えばこの夏、ノイズさんは頑張りました。休みもそこそこに一生懸命仕事をしました。6月から8月の頭にかけて、夏の暑さにも負けず、プールの誘惑も負けず、PS3を買いたいという欲求を封じ込めました。
(「社会人なら当たり前だろう!!」というコメントは現時点をもって締め切りました)
その頑張りを神様は見ていてくれたのです。それでそのご褒美に神様は僕だけに見せてくれたのです!!!

幽霊を!!(笑)

伊藤(仮)くんとブロッケンくんとお喋りしながら歩いていると、突然視界の左端に林には似使わない色が飛び込んできました。左目で確認すると5メートル程離れた木の斜め後ろに小学生低学年ぐらいの子供の姿が!!!!!!
赤と青のチェックのシャツを着た子供の姿を捉えたので、両目で確認しようと視線を左に振ると・・・そこには何もありませんでした。子供の姿は一瞬で消えてしまったのです。ここでノイズさんは考えました。

「今のは一体何だったのか??」

答えその1 きっと幽霊
答えその2 目の錯覚
答えその3 宇宙人

暫しのシンキングタイムの後、サクッと「答え その2」をチョイスして、何事も無かったように行程を続けました。未確認人物その1(子供)と遭遇してから5分後・・・同じように3人で楽しいお喋りをしてると左目の視界の隅を移動する何者かが!!
「ヤバイ!逃げ切れなかったか?」と思いましたが、今度の未確認人物は大人(?)でした。今度のは高速移動していたので詳しくは確認できなかったのですが、身長と僕の感性がベージュ色のウェアを着た大人であると判断しました。
未確認人物その2(大人)は勝手に消えてくれたので一安心(?)して、また考えました。

「あの2体は一体何だったのか??」

答えその1 やっぱり幽霊
答えその2 今度も目の錯覚
答えその3 林の中ではしゃぐ実在の親子

再度のシンキングタイムの後、「答え その2」をツモしてそのまま遊歩道の入り口に向かいました。まぁ2人に言っても変な空気になるだけだし♪~
後日、学園会議で討論した結果「幽霊でいいんじゃねぇ?」という事になったので、今回報告という事になりました。

さて今回、ノイズさんが幽霊に遭遇した遊歩道ですが近くには様々な心霊スポットが存在するナイススポット!!
近くの池では高校生が溺死した過去もあるし、昔は自殺の名所として名が売れた場所でした。またもう1つの池では子供が溺死しているという話もありますので、未確認人物その1(子供)についてはある程度納得しているのですが、未確認人物その2(大人)については素材が何なのかが解りません。昔に自殺した人の幽霊なのかもしれませんがそれだって2~30年前の話です。未だ成仏できていないとすれば、相当な念を持っていると思うので危なかったかもしれません

しかし、昼間に幽霊(しかも2体)をみるのは初めての経験
これを機会に視る事になったらどうしようかな??まぁそれはそれで楽しいかな(笑)

テーマ:怪奇・超常現象 - ジャンル:


バレンタイン特別企画『乙女の黒魔術 パート2』(雑談その20)

どもっ、ゴールデン・ノイズです。
いきなり脱線して申し訳ないのですが、3日前に見た夢の話をさせてください。

とあるホテルの宴会場。遅刻をしたために(熱したフライパンの上を滑るバターのように)滑り込むノイズさん。
そこにいたのは高校の時の友人達。何の会合かもわからないまま呆然としていると突然、その友人の1人が泣きながらノイズさんを罵倒し始めました。延々と泣きながら罵声を浴びせ続ける友人Aとそれをなだめている友人B、そして立ち尽くすノイズさん。

と、ここで眼が覚めました。「一体なんだったのか?」と暫し思案に暮れるも思い当たる節は無し。そこでフロイト先生やユング先生に話しを聞こうと思ったのですが、タイムマシンはまだ出来上がっていない様子。仕方ないので「グーグル先生、出番です」

グーグル先生

「ワカンネーヨ、ソレダケジャ」

ノイズさん

「マジで??(AA略)」

えぇ~と、オカルトをこよなく愛する立場から言わせて貰うと「虫の知らせ」的な何かと心配したのですが、いまの今まで連絡は無し。そもそもここ8年ぐらい会っていないし、住んでいるのは関東地方だし・・・???
でも、なにか不味い事をしているのかもしれないので関係各位の皆さん「ごめんなさい」。一応謝っておきますが何かあったら連絡してください。

さて、意味の無い話に付き合ってもらったので、ココからは全国の乙女の皆さんの為にバレンタインを成功される方法を伝授しましょう。
社会人にもなれば義理チョコの方が出費が多くなるのでそれほど楽しいイベントでもないのですが、学生の皆さんにしてみれば、外す事の出来ないイベントですね。出来れば意中の人から貰いたいし、渡した相手にいい返事がもらえればいうことありませんが、そう上手くいかないのが人生です。
それをどうにかしようとみんなが頼るのが「お守り」や「おまじない」といったモノです。うまくいくおまじない的なものは「乙女の黒魔術編」で紹介していますし、ライバルを蹴落としたい人は「丑の刻参り編」をご覧下さい。
今回、お勧めするのは自分自身に勇気を与える方法です。そこでお世話になるのが「言霊」
簡単に言えば言葉に込められた霊的な力のことで、その言葉を発する事により現実の出来事に影響を与えるという考え方に基づきます。
現代においても「忌み言葉」として結婚式では忌むべき言葉というものが存在しているように、言葉の力というものは馬鹿にできないモノがあります。
方法は簡単で、毎日寝る前に「バレンタインにチョコレートを必ず渡す」と唱えてから眠れば、当日も恥ずかしい気持ちに負けることはないでしょう。
よく聞く話としては「用意したのだけどやっぱり渡せなかった」や「会うと恥ずかしいから下駄箱に放り込んでしまった」といったものですが全ては自分に勇気が無いからで、裏を返せば「嫌われたくない」という心理が働いています。

いい加減な話のように聞こえるかもしれませんが、一流アスリートでも取り入れている「ポジティブシンキング」と原理は同じ事です。
それでも心配だというのなら奥の手です。要はいきなり渡すから恥ずかしい訳で、事前に予告しておけば問題は氷解します。
「でも、相手に気持ちがばれてしまう??」
と心配するかもしれませんが、チョコレートを渡した時点で解ってしまうのでそれが多少早くなるだけです。それほど深刻にならない感じで
「いつものお礼にチョコレートあげるね
と言ってしまえば、後は作るしかありません。コレも言葉により自己を奮起させる方法の1つです。そして当日は「はい、約束のチョコレート」とでも言って渡せばOKでしょう。


どうしてもライバルが気になる人は下記リンクをクリック!!




過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif



テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:


悪魔が来たりて笛を吹く・・・じゃなくて、飛び降りた??(雑談その19)

話はコレを読んでからだ!!

【10月25日 AFP】フランス・パリ(Paris)近郊の小村ラ・ヴェリエールLa Verriereで23日、集合住宅の4階に暮らす一家のうち11人が「悪魔から逃げようと」次々にバルコニーから飛び降り、乳児1人が死亡、7人が重傷を負うという奇妙な事件があった。

 数人が集合住宅のバルコニーから飛び降りたとの通報を受けて駆けつけた消防が発見したのは、腕に刺し傷を負った全裸のアフリカ系男性1人と、子ども3人、乳児1人を含む負傷者らで、このうち乳児はパリの病院に運ばれ手当てを受けたが、死亡した。

 検察発表によると、事件が発生したのは同日早朝、この家に暮らす一家のうち13人がテレビを見ていたとき。乳児が泣き出したのを聞いて起きた男性が、全裸のままミルクを作りに行こうとしたところ、その姿を見た男性の妻が「悪魔よ、悪魔だわ!」と叫んだ。

 これを聞いた妻の姉妹が男性の腕を刺し、玄関から男性を追い出した。男性が部屋に戻ろうとすると室内はパニックになり、一緒に暮らしていた家族が次々に窓から飛び降りたという。

 警察によると、2歳の子どもを連れて飛び降りたある男性は、這って2ブロック先の茂みまで移動して身を隠したが、「自分の身を守らなければならなかった」と叫んでいたという。

 捜査では、部屋から幻覚薬の類やオカルト儀式が行われていた形跡は見つかっていない。(c)AFP



ポルナレフでも召喚しようと思ったのだが、さらにカオスになりそうなので却下。
それにしても『意味不明』。一体何が起こったのだろう?この記事から(出来るだけ好意的に)読み解くと、「一家の平和な朝に突然『悪魔』が現れて、家族に危害が及びそうだったので窓から飛び降りた」となりますが正しいでしょうか?
もし、本当に悪魔が現れたのならば非常に意義のあることです。長年の疑問であった「悪魔は存在するのか?」という命題に答えが出たことになります。ファウスト博士にノーベル賞が授与される日がついにやってきたのです!!野郎共、宴の準備だ!ヒキガエルのスープに黒トカゲの丸焼き、それに黒やぎの・・・分かりましたよ、冗談はこれぐらいにして真面目な話をします。でも、個人的には悪魔の存在が・・・ブツブツブツブツ

一番納得がいく説明が「バッドトリップ」。所謂、ドラッグパーティー的な何かを行なった末の惨事というのが一般的です。しかし、警察発表を信じるのならばその線はなさそうです。同様に確立が高いのが「オカルト的な儀式」ですが、コレも違うみたいです。なので、様々な角度から原因を考えてみましょう。

先ずは考察の前提条件を定めます。

1、全裸の夫を見た妻が「悪魔」と叫んだ。
2、それに呼応した妻の姉妹が男性を刺し、部屋から追い出した。
3、部屋に戻ってきた男性を見て、家族が次々飛び降りた。

つまり「この夫が悪魔であることを、その他の大人(子供も?)信じた」という事になります。冷静な人がいればその人は飛び降りていないはずなので、この仮定が導き出されます。コレを元に何故家族全員がそのような行動を取ったのかを推測していきます。

推論その1 テレビによるサブリミナル効果

事件の前にテレビを見ていたとありますので、何らかの組織による実験だった可能性があります。しかし、それなら他の家庭でも同様の事件が起こっているはずなので可能性は低そうです。

推論その2 集団パニック

一時的な集団パニックに陥ったという可能性。ホラー系のDVDでも見ていた時に全裸の男性が目の前に現れたので悪魔と勘違いしたかもしれませんが、いくら何でも家族を見間違えるハズはないですよね??

推論その3 集団催眠

放映されていたTV番組が何なのか分かりませんが、昔ユリ・ゲラーがやっていた様な事を催眠術師がやっていて、たまたま家族全員が催眠術にかかってしまい、全裸の男性を悪魔と勘違いした可能性があります。しかし、これも「推論その1」と同様に似た事件が起こっていないと説得力がありません。

推論その4 実は男性は家族ではない

全裸の男性は「部外者」だったら、いきなり全裸の知らない男性が家の中にいたら「悪魔」と叫びたくなっても不思議ではありません。さらに、追い出したのにまた部屋に入ってきたのなら逃げるのも当然です。しかし、警察が身元を確認していると思うので、この説も間違いの可能性が高そうです。

えぇ~と、皆さん付いて来られていますか?これからドンドン変な方向に加速していきますよ。

推論その5 本当に悪魔だった

全裸の男性は気づいていなかったのかもしれませんが「お尻から尻尾が生えていた」のを目撃されたとか?背中に漆黒の羽根があったとか、こういう可能性は本当にないのでしょうか?
これを証明するのは「魔女狩・・・止めましょう。何かと問題になりそうです。もしくは悪魔のような風貌をしていたので、勘違いされた?のでしょうか。でも、ネットで知り合って初めて一夜をともにしたカップルじゃない訳ですしね・・・?

推論その6 男性の×××が悪魔のような形だった

なら仕方ありません。男性はアフリカ人らしいので、十分にありえる話です。でも夫婦なら知っているのでは??との疑問は無しです。よくいるでしょう?「部屋の明かりを消して」って言う女性。妻は極度の恥ずかしがり屋だったので見た事がなかったんですよ、きっと(笑)

推論その7 暗示による行動

少し真面目な話をしましょう。盲信している人から言われた事を全く疑わないで信じきってしまい、いわれた通りに行動することが多々あります。
例えば、ある有名なとても信用のある占い師や霊能力者に「この様な出来事(全裸の男性を見てしまう)があった場合は悪魔が貴女に取り憑く前兆だから、気をつけなさい!!」などと言われていたら、今回のような事は起こりえます。これも前提条件として「家族全員がそれを信じている」ことが必要です。

推論その8 男性と離婚するための演技

男性を家から追い出そうとして、全員で嘘をついているという可能性。同じ男性としては嫌だけど、有り得そうで怖いです。

推論sの9 信仰心が強すぎた

この家族が何教なのかは分かりませんが、「神」を信じていたならばその依存度が高まれば高まるほど逆に「悪魔」という存在が怖くなります。そのために「悪魔」という言葉に過剰反応してこの様な事件を起こした可能性があります。


思いつく限りですが、こんな感じですかね?個人的には「推論その5」をプッシュしますが、真相は「推論その9」辺りで落ち着くのではないかと思われます。
それにしても不思議な事件は起こるものですね、改めて世界は広く不思議なものだと感じました。どうせ続報は入ってこないと思いますので、真実は永遠に分からないままだと思います(笑)


過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:


『FRINGE』(フリンジ)が超面白い!!(雑談その18)

どもっ、ゴールデンノイズです。
いつもは都市伝説か競馬の愚痴をこぼしているのですが、今回はそんな非生産的な話は止めましょう。もっとくだらない話をします。

昨日、あまりにもインスタントコーヒーを濃く作りすぎてしまった事と何となくムシムシしている気候のせいで、朝の7時まで眠れない状態になってしまいました。仕事には影響なかったのですが一睡もしないで朝の8時にゴミを出しにいくと、世の中の全てを恨みたくなります(笑)
そこで思い出したのが「羊の数」の都市伝説ですが、面倒くさいのと面白くもないので即却下!!今回の話は僕の寝不足の原因になっている「」(フリンジ)のDVDのお話です。

今年の3月ごろにレンタルが開始しているのでご覧になっている人も多いと思いますが、その内容が・・・とっても給水塔寄りなので是非ご紹介しようと思います。
基本的には心霊・怪談・都市伝説と超常現象全般が好物な訳なのですが、その中でも「科学を超越した~」とか「現代の科学では~」とかいう話が特に大好物です。許されるのだったらそれだけを食べて生きていたいのですが・・・。
ここまで話せばお分かりのようにこの「FRINGE」というドラマはそのような話がこれでもかってぐらい出てきます。
筋肉が溶ける薬品の話から人間が高電磁場を発生させる話、人間がラジオにされる話とかが満載です。まだ4巻までしか見ていませんが、今後どうなっていくのかが楽しみで仕方ありません。多少の人間ドラマが展開されますがそんなことはどうでもいいことです(笑)
超常現象が好きな方でもこういった話は敬遠する人も多いので、物好きと言えば物好きなのですが科学や物理を学ばれた方は是非一度ご覧下さい。きっと楽しめると思いますよ。



わざわざ買う必要はありませんが、是非お近くのレンタルビデオ店で!!

過去記事の検索はコチラから  ⇒⇒⇒ 過去記事データベース

これを、ポチッとな
    


ゴールデン・ノイズの勤務先「聖☆オーラル学園 本校」にもお立ち寄りください。
banner.gif

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:




カテゴリーメニュー


プロフィール

ゴールデン・ノイズ

Author:ゴールデン・ノイズ
ギャグ漫画ゲリラ部隊
『中川ホメオパシー』準メンバーによる
援護射撃ブログです。
都市伝説・競馬・ゲーム等をメインにしていく予定。
→聖☆オーラル学園本校はコチラ


ブログ内検索


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


聖☆オーラル学園グループ

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター

日々増え続ける太陽の黒点の数


FC2ブログジャンキー

いざ、ブログの迷宮へ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


ブログランキング

FC2ブログランキング


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。